金森式ダイエットでポン酢・醤油は使えるの?【10倍老けます】

おはようございます、カズヤです。

断糖高脂質ダイエットの金森式ですから、食事に使用する調味料にもこだわりが必要です。

その中でも、ポン酢と醤油は代表的な調味料と言えますね。

そこで、今回は「金森式ダイエットポン酢や醤油は使えるのか?」について深掘りしていきます。

金森式ダイエットでポン酢と醤油は使えるの?

結論はポン酢も醤油もだめです。

糖質量が多い

醤油は100g中に約5〜8の糖質が含まれています。

ポン酢はもっと多く、100g中に約12の糖質量です。さっぱりしているイメージがある糖質ですが、意外にかなりの糖質量です。

一般的に言えば大したことない糖質量かもしれませんが、金森式ダイエットからすればNGです。

醤油には大豆が使われている

醤油の原料には大豆が含まれています。

大豆は反栄養素があり、ミネラルの吸収を阻害する働きがあるので「体に悪く食べてはいけない」というのが金森式ダイエットの考えです。

なので、大豆が使用されている醤油も当然アウトです。

ポン酢は異性化糖を使っている


ポン酢に使われている糖質は「異性化糖」といってブドウ糖の10倍も糖化されやすいことが分かっています。

体が糖化するということは、老けるということに他なりません。

異性化糖は、血糖値を爆上がりさせる糖質でブドウ糖の10倍のAGEsを作り出し、10倍老ける最悪の糖質というわけです。

ポン酢と醤油に代用できるもの!

一般的に使用されているポン酢や醤油は使えませんが、代用できたり工夫して作れたりもします。

魚醤を使っている

金森式ダイエットでは醤油は全く使いませんが、代わりに魚醤を使います。

魚醤は素材そのままの調味料なので糖質もほとんどありませんし、オメガ3も同時に摂れて最高ですね。

味には少しだけ癖がありますが、国産の魚醤は比較的、美味しく食べることができます。

外国産の魚醤(ナンプラー)は非常に癖も臭いも強くあまりおすすめではないです。

国産のは臭いも気にならないので、僕は国産しか食べられないです。

下記の魚醤は美味しくておすすめです。

 

ポン酢は魚醤とビタミンC粉末

ポン酢を使いたい場合は、魚醤とビタミンC粉末で完全に自作します。

魚醤にビタミンC粉末を少々入れるだけです。

簡単すぎて言うこともありませんが、一つだけ注意しなくてはいけないのは、ビタミンC粉末は酸味が非常に強いので入れすぎると酸っぱくなりすぎます。

しゃぶしゃぶの時は、いつもこうやってポン酢を自作して食べています。

まとめ


金森式ダイエットでは調味料も徹底してこだわるので、糖質が多く入っている時点でポン酢も醤油もアウトです。

その代わり魚醤やビタミンC粉末で代用できたり自作できますのでそれほど困ることはないですね。

おすすめは自作ポン酢としゃぶしゃぶですので一度、試してみて下さい。