金森式ダイエットでヨーグルトは食べられる?【ダメですが例外あり】

おはようございます、カズヤです。

毎日健康の為にヨーグルトを食べているという方も多いのではないでしょうか?

金森式ダイエット中にヨーグルトは食べられるの?といった疑問をもつ方も少なくないと思います。

そんな質問を金森式ダイエッターの僕が解消します。

金森式ダイエットでヨーグルトは食べられる?

結論は基本的にはダメです。

糖質が含まれている

市販のヨーグルトは美味しさを際立たせるために砂糖が多く使用されています。

なので糖質量が多く金森式ダイエットで食べることはできません。

加糖ヨーグルトは100g中に10g以上の糖質が含まれるので論外です。

それなら無糖ヨーグルトなら良いか?と思わるかもしれませんが無糖ヨーグルトでも100g中に4g程度の糖質が使用されています。

一般的には少ない糖質量でも金森式ダイエットから見れば多すぎる糖質量なので、結論はヨーグルトは食べられません。

乳糖はおすすめできない

金森式ダイエットは脂肪を体に蓄えるインスリンホルモンを抑制することが痩せる鍵です。

インスリンは血糖値が高くなった時に血糖値を下げる為に発動するホルモンなのですが、ヨーグルトに含まれる乳糖は血糖値を上げます。

金森重樹さんのツイートでは、乳糖を含む牛乳を100cc飲んだところ血糖値が最高値になったそうで、「乳糖は恐ろしい」と言われたほど。

ヨーグルトにも乳糖が含まれているので牛乳と同じく金森式ではおすすめできないです。

白内障になると言われている

ヨーグルト食べてると白内障になる」と金森重樹さんはツイートされています。


このツイートだけではヨーグルトと白内障の関係が分かりづらいと思いますので簡単に補足しておきます。

ヨーグルトなどの乳製品を摂ると、ガラクトースという糖分に変わります。

ガラクトースが必要以上になると目に蓄積して白内障の原因となってしまうわけです。

「ヨーグルト食べてると白内障になる」というのはそういうことでした。

ギリシャヨーグルトは例外かも?

金森式ダイエットの参考書の第一冊目でもある「まさか!の高脂質食ダイエット」ではギリシャヨーグルトなら食べても良いと書いてあります。

ギリシャヨーグルトは乳清が取り除かれているので糖質がほとんど排除されているからです。

これを見ると、「ギリシャヨーグルトなら食べても大丈夫」と思ってしまうことでしょう。

どうしてもヨーグルトが食べたいならギリシャヨーグルトにして下さい。

しかし、最新の金森式ダイエットから見るとやはり糖質量が多すぎます。

ギリシャヨーグルトでも1カップあたり約4~5gの糖質は含まれていました。

金森式ダイエットは限りなく糖質0に近づけるのが理想的なので、この糖質量は多すぎます。

ヨーグルトが大好きだ!という方もいるかもしれませんが、金森式ダイエットを実践するのであればヨーグルトは決しておすすめできません。

ギリシャヨーグルトの糖質量は他のものと比べると低いかもしれませんが、それでも金森式からみれば多すぎる糖質量です。

結論は、金森式ダイエットに本気で取り組まれるのであればヨーグルトは食べてはダメです。