【金森式ダイエット】牛脂の手に入れ方と代わりになるものとは?

おはようございます、カズヤです。
金森式ダイエットはケトジェニックなので、脂質を多く食べる必要があります。

そこでおすすめされているのが、「牛脂」です。「牛脂って料理に使う脂でしょ?」と思ってしまいますよね。

金森式ダイエッターは牛脂を美味しく食べてます。

  • 牛脂の入手方法と
  • 美味しく食べる方法
  • 牛脂の代わりに使える食材

について詳しく解説していきます。

金森式ダイエットに必要な牛脂の入手方法と注意点

牛脂の入手方法は、お肉屋さんで買うかネット通販で購入するかです。

お肉屋さんで買う方法

お肉屋さんには間違いなく牛脂はありますよね。牛肉買ったついでに無料で貰えることもあります。

ただ牛脂は価格がついていないことがほとんどなので、お店に直接聞いてみましょう。

牛脂1キロほしいのですが、売れますか?

と、僕はお肉屋さんでは必ず聞くのですが断られたことはありません。

ただ、大量に牛脂を仕入れていない精肉店もあるので、「予約すれば可能です」と言われたこともあります。

近くのお肉屋さんに電話して聞いてみましょう。

牛脂マップを使ってみよう

普通のお肉屋さんでは、ケンネ脂の牛脂です。ケンネは調理用に使うものなので、味が苦手という方も結構います。(僕は美味しく食べてます)

しかし、本物のピンクの牛脂は違いますよ。
ステーキレベルに美味しい牛脂が食べたければ、お肉屋さんで「背脂のピンクの牛脂はありますか?」と尋ねてみましょう。

あればラッキーです。

ただ、ピンクの美味しい牛脂を取り扱っている精肉店もあまりなくて自分で見つけられた人は運がいいです。

そこで、「牛脂マップ」を活用しましょう。
牛脂マップは金森式ダイエットの公式サイトで見ることができます。

今まで金森式ダイエットを実践した先輩方が、ピンクの牛脂が売ってる精肉店の情報を共有してくれてます。

近くに牛脂マップに載ってるお肉屋さんがあれば、電話確認してそのお店から購入できます。

近くにあれば凄くラッキーですね。

ネット通販で購入する

日本中誰でも購入できるのがネット通販ですね。以前は牛脂を販売している通販サイトはあまり見なかったのですが、最近は増えてます。

恐らく金森式ダイエットの流行から牛脂の需要が増えたのでしょう。

ピンクの背脂の牛脂もありました。

佐賀牛の牛脂など高級肉もあります。

ネット通販で購入するのが一番簡単ですね。
僕も最近はもっぱらネットから購入してます。

⇒牛脂の通販サイトはこちら

スーパーの牛脂はNG

牛脂と聞くとスーパーで「ご自由にお取り下さい」のあれをイメージしてしまうかもしれません。

スーパーだけはNGです。

そもそも加工されていますし、賞味期限すら書いてありません。

それに熱するとすぐに形がなくなってしまうので調理に向きません。

スーパーの牛脂だけは避けるようにして下さい。

牛脂の量はどれくらい食べるの?

牛脂は100gあたり940キロカロリーもあります。なので、このカロリーから逆算するといいですね。

そして牛脂は、ほとんど脂質で糖質0です。
金森式ダイエットは脂質の摂取量は特に決められていないので、沢山食べましょう。

目安としては、50g〜100gくらいは毎日食べても大丈夫です。

オメガ3サプリを忘れずに!

牛脂はオメガ6の脂質なので、牛肉系ばかりの脂質を食べてるとオメガバランスが崩れてしまい、体が炎症を起こしてしまいます。

ですので、オメガ3サプリを毎日飲むようにしましょう。

オメガ6とオメガ3のバランスは1対1が理想的です。

オメガ3はサプリで摂るのが一番効率的ですよ😃

美味しく食べる牛脂メニュー

金森式ダイエットで牛脂は主役なので、美味しく食べれる代表的なメニューをご紹介します。

牛脂スープ

引用:牛脂スープ

金森式ダイエットの定番料理と言えば、牛脂スープです。

牛脂スープの作り方は簡単で、スープに牛脂を入れて塩や魚醤で味を整えれば完成です。

ダイエット中は毎日食べてました。

牛脂ハンバーグ

引用:金森式ダイエット「高脂質レシピメニュー」を特別公開。

牛脂ハンバーグはガチ速脂ダイエットで紹介されていたレシピです。

牛脂と牛ひき肉を混ぜて、焼くだけです。
それはそれは美味しいハンバーグの出来上がりです。

簡単ですし、味もとっても美味しいです😃

牛脂ステーキ

 

シンプルに牛脂を焼くだけ!

牛脂ステーキはおすすめです。味付けは塩のみで全てがシンプルです。

牛脂ステーキを食べると一気に満腹になるのでダイエット中にはおすすめです。

金森式ダイエットは脂質は沢山食べてオッケーなので、牛脂ステーキを沢山食べると食欲なくなるのでダイエットに成功しやすいと個人的には思います。

牛脂メニューは、ガチ速脂ダイエットに多数紹介されていますので、ぜひレシピをご覧になって試してみて下さい😃

例外的に牛脂の代わりになるもの!

牛脂の代わりにずっと食べれるものなんてありません。牛脂を食べて下さい。

しかし、牛脂をきらしていることもありますよね。そんな時に代用できる脂があります。

オリーブオイル

牛脂がない場合はオリーブオイルを使いましょう。

例えば牛脂スープを作る場合に、牛脂がない時は、オリーブオイルをぶっかけて食べます。

オリーブオイルは何にでもかけられますので、牛脂ない時は大量に使っています。

バター

バターは金森式ダイエットでおすすめされている脂質ですのでいつでも安心して使えます。

牛脂がない時は、バターを直接丸かじりするって方法もおすすめです。(ワイルドすぎますかね。)

金森式ダイエットに牛脂は必要なので、牛脂の代わりになるものではありません。ですが、緊急的に代用できる脂質はオリーブオイルとバターですね。

まとめ

牛脂は金森式ダイエットに必須とも言える食材なので、精肉店かネット通販のどちらかで自分なりの入手方法を確立しておくといいですね。

牛脂はレシピ次第で美味しく食べることができますし、痩せやすい体作りにも適しています。

牛脂がなくなった時のみ、僕はオリーブオイルスープで代用しています。

以上、金森式ダイエットと牛脂について!でした。参考になれば幸いです。