金森式ダイエットの理想的な朝食とは?僕は何もたべません!

おはようございます、カズヤです。

朝の優雅な時間を楽しみにしている方も多くいるかと思います。そんな人からすれば朝食はメインイベントですよね。

金森式ダイエットの朝食ってどんなものを食べてるのか気になりますよね。

そこで今回は、金森式ダイエットの理想的な朝食について深掘りしてみました。

僕が食べている朝食もご紹介していますのでぜひ参考にされてみて下さいね。

金森式ダイエットの理想的な朝食

結論は、コーヒーや紅茶で過ごすのが理想的です。

理想は食べずに飲もう

金森式ダイエットでおすすめされている朝食は、紅茶に生クリームやMCTオイルを入れて飲むことです。

脂質をしっかり摂れるので、一日のエネルギー源となってくれます。

紅茶に生クリームやMCTオイルを入れて飲むと、数十分後にはシャキッとなり活力が湧いてきますよ。

朝は何も食べずに紅茶で済ますのが、金森式の理想的な朝食です。

慣れるまでは食べてもOK!

金森式ダイエットの一日の理想の食事量は1.5食です。

しかし、最初から1.5食はきつくて続かないという方もいるでしょう。

どうしても朝食が我慢できない方、断糖高脂質を徹底していれば食べても大丈夫です。

金森式を続けるうちに自然と空腹感がなくなるので、我慢できるようになって理想の朝食に移行すればいいだけです。

僕の金森式朝ごはんとは?

僕は断糖高脂質の食生活で生きています。金森式ダイエット成功者の僕の朝ごはんを簡単にご紹介しておきます。

  • ブラックコーヒー(MCTオイル入り)
  • サプリ7種類
  • オリーブオイル(大さじ一杯)

上記が毎日の朝ごはんです。

理想と違う点は、紅茶がブラックコーヒーになっていることと、オリーブオイルを毎日大さじ一杯は飲むようにしています。

コーヒーは目を覚ます為に飲んでいますが、必ずカロリー・糖質低いブラックコーヒーしか飲みません。

ほとんど「ガチ速脂ダイエット」に書かれている金森式ダイエットの朝食を真似しています。

僕がオリーブオイルを飲む理由

僕は毎日オリーブオイルを大さじ一杯飲むようにしています。それは胆石予防の為です。

これはツイッターにて、「空腹時間が長くなると胆石のリスクが高くなる」とのコメントがありました。

調べてみるとそれは本当で、空腹時間が長くなると胆汁が排出されずに濃縮され、結果として胆石のリスクが高まります。

オリーブオイルは少量でも確実に胆汁を排出してくれます。だから朝食にオリーブオイルをぺろっと舐めるだけで胆石予防になります。

これは僕なりに考えた予防方法なのですが、このツイートは金森さんからもリツイートしてもらえました。

胆石が心配ならオリーブオイル舐めるだけで予防できます。

断糖高脂質で朝食を食べる際の注意点

金森式ダイエットの朝食の注意点について解説していきますね。

コーヒーよりも紅茶がおすすめ

僕はブラックコーヒーを朝は飲むようにしていますが、金森式ダイエット中は紅茶をおすすめします。

ブラックコーヒーにも少量の糖質が含まれています。紅茶は糖質0なのでダイエット中には最適です。

ブラックコーヒーに含まれる糖質は紅茶の7倍なので、ダイエットしている最中は控えた方がいいですね。

朝食を食べるとオートファジーが働かない

金森式ダイエットは1日1.5食を理想としています。しかし、慣れるまでは3食食べる断糖高脂質という方もいます。慣れるまではそれで良いのですが、一つだけデメリットがあります。

それはオートファジーが活性化しないことです。

オートファジーは古くなったタンパク質とミトコンドリアを新しくすることで細胞の若返りに働く機能です。

オートファジーは16時間の空腹により活性化すると言われています。
朝から三食食べていては、食事間隔が16時間空くことがないのでオートファジーが活性化する暇がありません。

断糖だけでも効果はあるのですが、慣れたら1.5食に移行することでさらに若返り・健康の効果を得ることができます。

時間栄養学では朝食は最適です

  • 朝:紅茶
  • 昼:牛脂スープ
  • 夕:タンパク質

というルーティングが最初の金森式の理想的な食事でした。

しかし、金森式ダイエットは日々進化しています。
現在は【時間栄養学】を取り入れました。

何度も言いますが、金森式ダイエットは1.5食を理想としています。
そしてタンパク質を摂取するのは1日1回です。

タンパク質メインの食事を1日1回にドカ食いすることで肥満の原因となるインスリンが出る時間をできるだけ短くします。

そしてそのタンパク質は、朝か昼に食べることでより痩せやすいことが最新の研究で分かっています。

朝食はエネルギー源として消費されますが、夜はエネルギーが蓄積されやすい時間帯です。

なので、1日1.5食という条件下では朝食か昼食に食べるのがダイエットに一番適していると言えます。

ちなみに金森さんも最近では、朝か昼に食事を摂るようにしているそうです。

まとめ

金森式ダイエットでの理想的な朝食は、紅茶とMCTオイルや生クリームなどを飲むだけで済ます。

もう一つは時間栄養学を用いて、朝食にタンパク質を1回摂ることで夜食べるよりも痩せやすいメリットがあります。

現在は、時間栄養学を用いて金森さんも朝か昼に1食のタンパク質を食べています。

僕は仕事のライフスタイル的に朝昼はゆっくり食事ができないので、夜のみで朝食は食べない従来の金森式ダイエットを続けています。

自分のライフスタイルに合わせてどちらかを選択するといいと思います。