【金森式ダイエット】ウインナーソーセージやベーコンは食べられる?

おはようございます、カズヤです。
金森式ダイエットを実践していると、「これって食べても大丈夫なの」って疑問に思う食材があることでしょう。

  • ウインナー
  • ソーセージ
  • ベーコン
  • サラダチキン

上記の食材はよくある質問で疑問に思っている方も多いはずです。

金森式ダイエットでは糖質が少ない加工肉は食べられるのか?深掘りしていきます。

ウインナーもソーセージもベーコンもダメ/加工肉はN G

結論は市販の加工肉は金森式ダイエットではN Gです。

MSG(グルタミン酸ナトリウム)の問題

市販の加工肉にはMSGが含まれているので金森式ダイエットでは食べてはダメな食材です。

金森式ダイエットは糖質食べなければ良いってだけではありません。体の慢性炎症を抑えなくてはいけません。

凄く簡単に説明すると、不健康な食事では体が炎症を起こしています。体に炎症が起きていると痩せません。

MSGには体の炎症を促進する働きがあります。加工肉の成分表には、アミノ酸等と記載されているはずです。アミノ酸等はMSGを意味します。

金森式ダイエットではMSGは徹底的に排除しますので、糖質少なくても絶対に食べないようにして下さい。

市販の加工肉には糖質入ってる

ウインナーやベーコンって糖質少ないイメージあるかもしれませんが、大きな間違いです。

市販の加工肉は美味しくないと売れないので、砂糖などの甘味調味料が使用されています。

スーパーで売られてるベーコンって糖質6gとか普通に入ってるので、金森式ダイエットとしては多すぎる糖質量です。

ウインナーの中でも代表的な商品のシャウエッセンは100g中に糖質3gも含まれています。

金森式の1日糖質量は5g以下が目安なので、市販のウインナーは食べられません。

加工肉は体に有害

金森式ダイエットをしていようがなかろうが加工肉は体に有害なので食べない方が良いです。

驚きの話かもしれませんが、加工肉には発がん性があります。これはWHOの付属機関から発信されている情報なので確かな事実です。

僕は健康でいつまでも若々しくいたいから金森式やってます。健康でいたいなら加工肉は食べないようにしましょう。

参考:加工肉でがんになる?

どうしても食べたいならネット通販でお取り寄せ

ウインナー、サラダチキン、ハムなどの加工肉がこれ以上ないほど大好物という方もいるかもしれません。

スーパーなどの市販の加工肉は全てNGですが、ネット通販では探せば無添加で糖質入ってないものがありました。

断糖ソーセージ

無添加で糖質がほとんど入っていないソーセージがありました。断糖を薦めているドクター荒木さんのネットショップです。

添加物は一切不使用・100gあたり0.1gの糖質しか入っていません。この商品なら金森式でも食べられますね。

⇒ドクター荒木の断糖ソーセージはこちら

断糖ハム

同じくドクター荒木さんプロデュースの断糖ハムです。添加物は一切不使用。

味付けは塩と香辛料のみで、100gあたりの糖質はわずか0.1gしかありません。

市販のハムが食べるよりもダイエットにも健康にも良いことは言うまでもありませんね。

⇒ドクター荒木の断糖ハムはこちら

サラダチキン

サラダチキンは糖質0でダイエットに向いていると勘違いしていて、金森式のツイッターでも食べてる方をチラホラ見かけます。しかし、市販で売られているサラダチキンにはMSGが含まれているので金森式ダイエットではNG食材です。

そして金森式ダイエットではオメガバランス(脂質のバランス)が悪いという理由で、鶏肉が推薦されていません。絶対に食べてはいけないというわけではないですが、脂質のバランスを考えれば食べすぎはおすすめできませんね。

以上を踏まえた上で、サラダチキンをどうしても食べたいなら無添加にしましょう。無添加のサラダチキンはネット通販で販売されています。

[Amazon限定ブランド] ウチパク 国産鶏胸肉使用 サラダチキン 4種類×3個 12パックセット【非常食 高たんぱく質食品】 保存料無添加・常温保存 賞味期限 1年

新品価格
¥3,980から
(2021/4/7 21:22時点)

自分で作るのが金森式では一番

無添加を通販などで購入するのもありですが、料理が得意か方は自作してみるのもありですよ。金森式ダイエットでも自作のウインナーやソーセージなら大丈夫です。

自家製ソーセージ

ウインナーソーセージも自作しようと思えばできるようです。しかし、材料を揃える工程や手間を考えるだけで僕は断念してしまいそうです。笑

腸内にお肉を詰める為の特殊な器具も必要。
ツイッターでも検索してみましたが、ウインナーやソーセージを自作している方はほとんどいませんでした。やはりハードル高いのでしょうね。

ちなみにですが、ウインナーはソーセージでして、正式にはウインナーソーセージと言って、ウィーン発祥のソーセージのことです。

自家製ベーコン

金森式ダイエットを実践されている方の中にも自家製ベーコンを作られてる方もいました。

燻製させないといけないので、燻製器もあった方が良いでしょう。手間はかかりますがその分美味しいでしょうね。

僕も一人暮らしでは困らないくらい料理はできますが、ベーコンを自作するまでのレベルはありませんね。笑

自家製ハム


ソーセージやベーコンと比べるとハードルは少し下がるような気もします。仕込みから寝かしつけまでは丸一日かかりますがあとは60度〜70度のお湯での低温調理です。

低温調理器とやる気さえあれば、僕でもできるでしょう。

サラダチキン


サラダチキンは低温調理器さえあれば、自分でも簡単にできます。金森式ダイエットであれば味付けは塩のみがおすすめです。

味付けしたらジップロックに入れて低温調理するだけで出来上がりです。

レシピはYouTubeのマッスルグリルさんが分かりやすかったですよ。紹介しておきます。

自作はハードル高いから僕なら買います

市販の加工肉は金森式ダイエットでは当たり前に食べられませんし、加工肉は健康に悪いので食べないことを強くおすすめします。

でも、やはりウインナーやハムは美味しくて人気なので、無添加の商品を通販で購入したり自家製なら金森式でも全く問題ありません。

ただし、結構な手間暇かかりますので僕なら通販でワンクリックで買っちゃいますね。