金森式ダイエッターがコンビニに行かない理由/食える商品リスト

おはようございます、金森式ダイエッターのカズヤです。

金森式ダイエットに興味がある方の中で、「コンビニでご飯を済ませたい」って方もいるはずです。

しかし、少なくとも僕はコンビニで買うことは絶対にしません。

今回は、金森式ダイエッターの僕がコンビニに行かない理由について書いていきます。

それだけじゃ、尺が足りない・・・

いや、「物足りない」のでコンビニで買える金森式ダイエット商品リストもあわせてご紹介しています。

金森式ダイエッターの僕がコンビニに行かない理由

コンビニは便利ですが、ダイエットしてる方にはあまりおすすめできません。

ちなみに僕は9割自炊で1割外出なのでコンビニで食材を購入するということはしません。

エビデンスに基づいて説明していきます。

「コンビニに寄らないエビデンスって何だよ!!」って思うのは当然ですが、僕なりの根拠があるので最後まで聞いて下さい。

コンビニが近くにある青年は肥満になる

僕はダイエットや健康についての論文をよく読むのですが、その中でコンビニ・ファーストフード店が近くにあることと、肥満が関係しているとの論文を発見しました。

これによれば、自宅から1600メートルの範囲にコンビニがあることと体重増加とは関係しているとのことです。

何と僕の自宅の目と鼻の先には、コンビニの王様「セブンイレブン」があるのです。

太っていた頃は8割コンビニ飯でしたので、論文には心当たりがありまくりでした。

痩せている一人暮らしにとってはコンビニが近いことは嬉しいことかもしれませんが、デブの一人暮らしには天敵です。

一貫性の有無はあるみたいですが、コンビニが近くにある人はそうでない人よりも太りやすいとのエビデンスでした。

なので僕は立ち寄らないようにしています。

参考論文:近隣の食品環境

インスリン制御の問題点

金森式ダイエットを詳しく勉強しているのであれば知っていると思いますが、血糖値ではなく「インスリン制御」がメインです。

インスリンをいかに出さない生活をするかが重要になります。

「糖質を食べなければインスリンでない」なんてことはありません。

実は食事はインスリン制御の23%にすぎません。

「頭相」といって、視覚や味覚刺激等でもインスリンは出るのです。それがインスリン反応の77%を占めているのです。

だからコンビニなんて行ったら、ファーストフードの匂いや美味しそうなサンドイッチなんか見たら、僕ならインスリン出まくってしまいますよ!

驚きかもしれませんが、食べてなくてもインスリンは出るので、糖質は見るだけでもダイエットに悪いのです。

参考:https://the-owner.jp/archives/3190

マシュマロ実験を学んで

金森式ダイエットを実践して約1年くらいですが、普段は糖質を食べようとかそんな気は一切ないです。

ですが、たまーに僕の大好物だった唐揚げの匂いを嗅ぐと、昔の美味しかった記憶を思い出すことがあります。糖質の記憶は体にしっかりと残っているのです。

元々意思が人よりも弱い僕は、できるだけ誘惑には近づかないようにしています。

これは、マシュマロ実験の4歳児と同じことをしています。

「マシュマロ1個を20分我慢したら2個あげるよ」という実験です。我慢できた子の将来の能力が極めて高かったそうです。

糖質の誘惑は時として、自分の意思では制御できないほど強いこともあるでしょう。

金森式を実践しているとよく分かりますが、世の中は糖質で溢れています。

セブン、マック、吉牛などに毎日行ってたらいつか誘惑に負けてしまうのは目に見えてます。

だから僕は糖質を遠ざける為に刺激の強いコンビニで食料を買わないようにしています。

参考:https://president.jp/articles/-/17608?page=1

金森式ダイエットで食べられる商品リスト

コンビニでも金森式で食べられる食材はありますので、ピックアップしてご紹介しておきますね。

オリーブオイルさば

鯖缶は金森式ダイエットの必需品と言っても過言ではありません。

セブンにはオリーブオイルさばがありまして、味・栄養ともに文句なしです。

スーパーよりもちょっと価格は高いですがその分味が美味しい。

【ガチ速脂ダイエット】でも紹介されていました。

ゆでたまこ

 

もちろん、ゆでたまごは食べられる商品です。

ゆでたまごにしては、、、ということさえ考えなければコスパも良いですね。

純生クリーム

セブンイレブンの生クリームは金森式ダイエットで凄く使えますのでおすすめです。

というのも、動物性脂肪の生クリームで余計な添加物が入ってない商品は意外と少ないです。

セブンで手軽に買えるのは嬉しいですね。

銀鮭の塩焼き

純粋に鮭の塩焼きなのでもちろん食べれます。

同じジャンルの商品には銀鮭の塩焼きの他にも、

  • サバの塩焼き
  • ほっけの塩焼き

があり、糖質はほとんどないので金森式でも食べられます。

午後の紅茶 おいしい無糖

 

コンビニの飲み物で水やお茶で物足りない時には、午後の紅茶ですね。もちろん無糖だけですよ。

金森式では飲み物も慎重に選ぶ必要がありますが、こちらの商品はガチ速脂ダイエットでも紹介されていたので安心できます。

糖質ゼロでも安心できないので注意

糖質が全く入っていないとしても、食べてはいけない商品がありますのでそこだけは要注意です。

サラダチキン

サラダチキンは糖質ゼロなので、ダイエッターに人気のイメージありますよね。

でも金森式ではNG商品です。なぜならサラダチキンには、MSGが入っているからです。

MSGが肥満に直結することは知っていますよね。知らない人は、【ガチ速脂ダイエット】を読んで勉強しましょう。

糖質ゼロでも、MSGが含まれるものは全てダメです。市販のハムやベーコンなどの加工肉も食べてはいけません。

ゼロキロカロリーサイダー

ゼロキロカロリーだからといって飲んではいけませんよ。僕はこの商品に騙されました!!(僕が悪いのですがムカつきました。笑)

ただの炭酸水ではなく、一口飲んだら甘ーい!!

糖質はほとんど入ってませんが、人工甘味料が含まれるのでNGです。ゼロカロリーと記載があっても必ず成分表記をチェックするようにしましょう。

だし巻き卵

糖質だけ見ると少ないので、ギリギリセーフのような気もしますが、金森式ダイエッターからすればおすすめできません。

  • 大豆
  • 小麦
  • 砂糖
  • 植物油

など、色々と使用されています。
上記は金森式ではおすすめできない成分なので、色々と入ってるものはやめておいた方が無難です。

僕はやっぱりコンビニより自炊がおすすめ

金森式ダイエットで食べられるものがあるかどうか、コンビニで調べてみたのですが少ないのが現実です。

しかもコスパが悪いので、僕はやっぱり自炊した方がダイエットにも節約にもプラスだと思いました。

でも、料理が死ぬほど嫌いな人もいるでしょうから人それぞれですかね。

食べて良いものは限定されていますが、たまにはコンビニで買ってもバチは当たらないでしょう。

今日のリサーチの為に久しぶりにコンビニに行き、鮭の塩焼き買ってきたカズヤでした。(^ ^)