1日1食マスターが教えるプロテインの活用法【置き換えダイエット】

1日1食でダイエットに成功し、現在579日目のカズヤです。

1日1食ダイエットでは、プロテインもありです。実際に僕も毎日飲んでました。

この記事では、「1日1食でのプロテインの活用法」について解説していきます。

というのも、僕のツイッターには【プロテイン】に関する質問が多いからです。

本記事の内容
  • プロテインを飲むメリット・デメリット
  • プロテイン置き換えダイエットの方法
  • 実際にプロテインダイエットをカズヤが実践した結果

上記を詳しく解説しています。

執筆者紹介:カズヤ
  • 1日1食ダイエット開始2ヵ月で-11キロの減量に成功
  • 1日1食生活529日継続中
  • 現役理学療法士
  • プロダイエッター
  • 金森式ダイエット実践者

⇒詳しいプロフィールはこちら

プロテインを飲む理由/メリット・デメリット

 

プロテインを飲む理由はもちろんメリットがあるからです。
それと同時にデメリットもあるので、どちらも理解した上で活用するようにしましょう。

メリット【プロテインを飲む理由】

プロテインを飲む理由は下記です。

タイトルが入ります。
  • 筋肉が維持できる
  • 腹持ちが良くなる
  • 栄養が補給できる

この3つが主なメリットです。

筋肉が維持できる

ダイエットをすると「筋肉が落ちるのでは?」と心配される人も多いはずです。

実際にどんなダイエット法でも、痩せれば多少は筋肉が減るのが人の摂理です。

プロテインを飲むことで筋肉の減少を最小限に留めることができます。

なぜならプロテインには筋肉を作っているタンパク質が凝縮されていますからね。

マッチョなら間違いなくプロテインを愛用しています。

ちなみに1日1食ダイエットをマスターしている僕の体験から言うと、筋肉はほとんど落ちないです。

太っているうちは、脂肪がガンガン落ちていくのでそれほど心配する必要はありません。

腹持ちが良くなる

1日1食ダイエットの天敵は空腹です。

ダイエットを失敗する原因は、「空腹の誘惑に負けてしまうから」が9割です。

特にダイエットを始めたばかりの頃は、空腹力は鍛えられていないので挫折する可能性も高いです。

プロテインを飲むと空腹感が満たされるので、ダイエットが楽になります。

腹持ちが良いので置き換えダイエットには最適です。

栄養補給ができる

痩せたいなら食事制限は必須ですが、栄養が足りていないと体調を崩したり・逆に痩せなくなったりする可能性もあります。

その一番大切な栄養はタンパク質です。

体調を崩さずにダイエットに励む為にも栄養は大切なので、そんな時にプロテインは効率よく補給できます。

デメリット

  • 1日1食の効果が弱まる
  • 老けやすくなる可能性がある
  • お金がかかる

上記の3つがデメリットです。

1日1食の効果が弱まる

1日1食ダイエットの場合は、サーチュイン遺伝子やオートファジーといったように若返りや老化抑制の効果が発動します。

食事を一食にするだけで若返るのです。(すごいでしょ?)

しかし、それが発動するのは【空腹】であることが条件です。

食間が16時間以上空けば、この機能は発動すると言われています。

ですが、プロテインを飲んでしまうと体は栄養補給をしてしまうことになるので、この若返り効果が弱くなってしまいます。

老けやすくなる可能性がある

僕が尊敬する断糖の第一人者【金森さん】のツイートです。


長寿・老化抑制に少食であることは基本中基本です。

それでもう一つの老化抑制は、選択的アミノ酸制限

タンパク質を摂りすぎると老けるという理論が成り立ちます。

あくまでそういった可能性があるということです。

勘違いしてほしくないのは、肥満な人はタンパク質が足りていない可能性が高いので、最初は沢山のタンパク質を補給しなくては栄養が回らず痩せません。

お金がかかる

もちろんプロテイン購入費用がかかるというのもデメリットですね。

ですが、安いものでは1袋2000円程度でどれだけ飲んでも毎月4000円くらいのものです。

自分の体に投資すると思ってこれくらいは出してほしいですね。

プロテインは無添加のものをおすすめします。
無味ですが逆に安く売られてたりもしますのでお買い得です。

甘味料等の添加物が配合されているプロテインはおすすめできません。

プロテイン置き換えダイエットの手順

 

置き換えダイエットの始め方について解説していきます。

まずは一食だけ置き換える

まずは、三食ある中の一食だけ置き換えましょう。

朝食を置き換えることをおすすめします。

なぜなら朝食は食べない方が健康だからです。

人の体には概日リズムと呼ばれるものがあり、そのリズムから言えば朝は「排出の時間」です。

なので朝食を食べてしまうと、本来は排出に働くべきエネルギーが消化に使われることになります。

特にお通じが悪い方は、朝食を置き換えることをおすすめします。

人それぞれのライフスタイルもあるので、それに合わせて時間は変えれば良いと思います。

「朝食は絶対ダメだ」と言っているわけでもありません。

時間栄養学で言えば、朝食・昼食を食べて夕食を抜く方が痩せるとも言われています。

二食置き換える

一食置き換えを1ヵ月程度続けて、慣れてきたら次は二食置き換えてみましょう。

二食をプロテインに置き換えれば、固形物を食べる機会は1日1食となります。

こうなればダイエットは加速し、面白いように痩せていくことでしょう。

立派な1日1食ダイエットです。

青汁とサプリもおすすめ

ダイエットには代謝に必要なビタミンやミネラルも重要になってきます。
タンパク質だけでは補給できないものもあるので、サプリと青汁も飲んでました。

僕は、無添加のプロテインに青汁を混ぜてサプリを飲む、といったルーティンでダイエット生活を実践していました。

1日2食置き換えで-11.2キロ痩せた【体験談】

僕はプロテインで二食置き換えて2ヵ月で-11.2キロ痩せることができました。

3分筋トレをしよう

せっかくプロテインを飲むのですから筋トレしない手はありません。

ですが、最初から負荷の高い筋トレは間違いなく挫折してしまいますので3分筋トレがおすすめです。

僕は今でも3分しか筋トレしませんが、細マッチョです!(^^)!

たった3分でも毎日継続すれば筋肉はちゃんとつきます。

筋トレは代謝もアップしますし、ダイエットとの相乗効果も得られて、さらに健康になると良いことしかありません。

2食置き換えダイエット1ヵ月の記録

僕は最初からハードに朝と昼をプロテインに置き換え、1日1食にしました。

元々が誘惑に弱い人間なので、週に1回は自分に負けて2食食べてしまうこともありましたね。

それでも、何とか1ヵ月で-6.2キロ痩せることができました。

その時の写真が下記です。

まあまあスッキリしましたよね。

下記の記事で詳しく経過について書いています。

一日一食を1ヶ月続けた成果を公開!何キロ痩せた?【顔写真あり】

2ヵ月目で-11.2キロ痩せました

2ヵ月目になると1日1食にも慣れてきます。

プロテインの飲み忘れなどもなくなり、習慣が定着してきました。

2ヵ月目からは、誘惑に負けることも少なくなりましたね。

結果としてはさらに痩せて-11.2キロのダイエットに成功。

たった2ヵ月で目標達成できました。

下記の記事で詳しく説明しています。

一日一食を2ヶ月続けたら11.2㎏も痩せた!証拠写真あり

6ヵ月目の変貌はまるで別人レベルだった

1日1食開始から6ヵ月経過した写真ですがさらに磨きがかかりました。

筋トレ効果で体が引き締まり、腹筋も割れました。

1日1食を始めて1年半までは、朝と昼の二食をプロテインで置き換えてました。

現在は、若返りと老化予防にフォーカスしているのでプロテインをお休みしています。また再開したら報告しますね。

プロテインで置き換えたおかげで空腹感が楽になり、1日1食ダイエットの大きな助けになったことは間違いありません。

プロテインを上手に活用しましょう。

以上です、終わり!