1日1食のオートファジーが凄い件【三食はやっぱりダメだった】

おはようございます、カズヤです。

オートファジーって素晴らしいものなのに一般的にはあまり知られていないですよね。

そこで先日こんなツイートをしました。

タンパク質は摂取するよりも体内で作り出される方がずっと多い。「オートファジー」でタンパク質をリサイクルしないと不良品が溜まり続け、病気となる。ミトコンドリアも新しくなり、体の中を掃除して若返られせてくれる機能が人には備わっている。空腹感じないと発動しないから16時間は食べないこと。

本記事は、1日1食オートファジーの関係について深堀りしていきます。

1日1食のオートファジーが凄い件

オートファジーの恩恵は素晴らしいものがあります。

まずは、オートーファジーについて解説していくことにします。

オートファジーとは?

東京工業大学栄誉教授【大隅良典さん】がこの研究によりノーベル医学生理学賞受賞に輝きました。

そこでオートファジーの効果が凄いと一躍有名になり、それに関係する本なども多数出版されるようになりました。

オートファジーは、ギリシャ語でオートは【自分】、ファジーは【食べる】という意味があり、自分を食べるということが由来です。

人は空腹を感じると、体内の古くなったタンパク質を分解してリサイクル(再利用)します。これがオートファジーです。

タンパク質を体内で合成

食材から摂取するタンパク質よりもオートファジーで作り出されるタンパク質の方がずっと多いことが分かっています。

飢餓状態になった時にオートファジーの活性化によってタンパク質の合成が促進され、体を飢餓から守る働きが人にはあるのです。

人の体のほとんどは、タンパク質から作られており、一番重要な栄養素だからこそオートファジーという素晴らしい機能が備わっているのでしょう。

古くなったタンパク質の分解

人の体内で作り出されたタンパク質は稀に不良品があり、古くなって体の中に蓄積されています。

そのまま放置しておくと不良品のタンパク質が蓄積したことで病気が起こるとされているのです。

それを綺麗さっぱり掃除してくれるのがオートファジーなのです。

ミトコンドリアの分解・再生

ミトコンドリアのオートファジーを【マイトファジー】と言います。

ミトコンドリアは体の細胞内にあるエネルギーを産生する工場です。

この工場が古くなると活性酵素を出し、老化の原因となります。

工場から出る産業廃棄物や排気ガスをイメージすれば分かりやすいです。

古くなったミトコンドリアは老ける元です。

しかし、マイトファジーによって古くなったミトコンドリアは除去され、新しく生まれ変わることができるのです。

16時間の断食で発動する

オートファジーが発動するのは空腹時です。

食間が16時間以上になった時により活性化すると言われています。

一日三食ではまず、16時間の食間は空けられないですよね。

昼と夜だけ食べて、朝食抜きで約16時間です。

三食ではオートファジーは活性化しない/不健康リスク大

三食食べていては、オートファジーの効果は得られません。

それに不健康になるリスクも高くなります。

古いタンパク質のリスク

断食によるオートファジーが発動しないと、不良品となったタンパク質は体のそこら中にあるまま放置されます。

不良品を放置したままの状態だと体に様々な悪影響が起こるリスクが高まるとされています。

  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病
  • ハンチントン病
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • アルツハイマー病

などの難病指定されている神経変性疾患も変異したタンパク質が原因と言われており、オートファジーで抑制できると注目されているのです。

参考:オートファジー

どちらにせよ、不良品を体内に蓄積して良いことなんて一つもないですよね。

老けるリスク大

古くなったミトコンドリアは活性酵素を出し続けています。

これが細胞内にあることで、老けていくことは言うまでもありません、

古いミトコンドリアが分解される過程で、活性酵素を除去してくれるので老化を防いでくれます。

さらに断食すると新しいミトコンドリアの数が増えます。

正常なミトコンドリアは代謝を促進し、エネルギーを産生しますので細胞から若返りが期待できます。

体を掃除しよう

オートファジーとは言ってみれば人間の細胞レベルで行う【掃除】です。

家や車は掃除するのになぜか自分の体内を掃除しようとはしません。

体内を綺麗にしたいのであれば、空腹になりましょう。

1日1食が習慣になれば毎日体はオートファジーによって掃除されます。

1日1食こそ最高のクスリ

オートファジーを活性化し、体を綺麗にする習慣は【1日1食】が一番です。

断食は継続できない

確かに断食は、体内を綺麗にするには即効性があります。

3日間行えば、かなりの効果が期待できるのですが凄くきついです。

僕は、5日断食を行ったこともありますが今でも断食は辛いです。

3日断食なんて相当な覚悟を持っていないと実践できません。

効果は高いのですが、普段から1日1食の僕でさえかなりきついのでほとんどの方は1日も継続できないでしょう。

2食からはじめてみよう

最初から1日1食は、普段から三食食べている人からすると【変態レベル】でしょう。

だから、最初は1日2食から始めてみて下さい。

朝食を抜いて、昼食と夕食の2食です。

朝食を食べても体に良いことなんてありません。

逆に朝食を抜くことで、食間は前日の夕飯から翌日の昼食まで16時間以上空くことになるのでオートファジーが毎日活性化します。

1日1食が理想的な健康法

2食になれたら最後は、1日1食です。

空腹になる時間が長いほど、若返り機能は働きますので2食よりもずっと効果が高いです。

24時間断食を毎日しているのですからね。

若さと健康の両方を得られるまさしく最高の食事法と言えます。

僕は1日1食の少食生活なので、毎日オートファジーが働き若返っています。