1日1食でもチートデイはするの?【注意点とルールを守るべし】

こんにちは。プロダイエッターのカズヤです。

ダイエットのたまにのご褒美としてよく用いられているチートデイ。

本来の目的とはちょっと違うのですが嬉しいことは間違いないですよね。

1日1食ダイエットでもチートデイはするの?」という疑問について本日は深堀りしていこうかと思います。

1日1食のチートデイ/僕は週1回やってました

1日1食ダイエットでもチートデイはやります。

ですが、他のダイエットとは少し違う点があります。

チートデイは何の為にやるの?

そもそものお話ですが、チートデイって何の為にあるか知っていますか?

辛いダイエット中の頑張ったご褒美にあるわけではありませんよ。

チートデイは停滞期を回避する為に用いられる方法です。

人の体は体重の5%以上を短期間で痩せるとホメオスタシス機能が働いて、体を省エネモードにし痩せにくくする防御反応が備わっています。

これが停滞期の正体です。

停滞期に突入した時にチートデイを行ない「大丈夫なんだな」っと体を騙すことで停滞期を回避することができるという理論です。

太っているうちはチートデイはいらない/僕の考えは違う

体脂肪率が高いうちは脂肪がどんどん燃やされていくのでチートデイは必要ないとされています。

最初は痩せれるだけ痩せて、ダイエット開始1ヶ月ほどで停滞期に突入した時に、チートデイをやる!みたいなのが一般的です。

しかし、僕の考えは違います。

僕はダイエットを開始して間もない時でもチートデイは必要だと考えていますし、実際に僕は週に1回程度は食べてました。

僕は1日1食ダイエットについては誰よりも詳しいのですが、週1回のチートデイをしたからこそ、たった2ヶ月で-11.2㎏のダイエットに成功できたと確信しています。

ストレス解消になる

1日1食は慣れるまでは空腹との戦いになります。

慣れていない頃は食欲に体も頭も支配されていますので、少なからずストレスを感じます。

最初の数日は今まで一番長く感じるはずです。

これまでの人生、堕落した食生活で太った人が最初から易々と徹底したっ食事管理ができるはずがありません。

僕だってそうでしたからね。

そんな時に3日頑張ったら、好きなだけ食べれたら嬉しいですよね。

僕は最初の1ヶ月間は、週に1度は自分のご褒美に2食以上食べるようにしていました。

だからこそ1日1食が楽しく継続できたわけです。

チートデイが日頃のストレスを緩和してくれていました。

停滞期が来なかった

僕が1日1食ダイエットを開始してから2ヶ月で-11.2キロ達成するまで一度も停滞期が来ませんでした。

普通なら体重の5%痩せたら訪れると言われている停滞期。

当時は73キロだったので約4キロ痩せれば計算上は停滞期になるはずです。

停滞期が来なかった理由は週一回のチートデイが要因だったと僕は思っています。

丁度、停滞期が来そうなタイミングで食べるようにしてました。

目標体重を達成するまでに停滞期を回避できたという意味では僕のチートデイは大成功でした。

翌日は2倍のモチベーションになれた

ダイエットを始めたばかりの頃は、1日が長く感じます。

「食べたい、辛い」と感じることもよくあります。

途中で投げやりな気持ちになって、「どうでもいいや」って思うこともありました。

そんなやる気が失われた状態の時に、チートデイをするようにしていました。

そうすると、翌日はストレスも解消されやる気がみなぎってきます。

しかも、チートデイのおかげで体重も増えているので「体重戻さなくては!」という気持ちが働いて、モチベーションが2倍になります。

チートデイの注意点/やりすぎはNGです

1日1食ダイエットでチートデイはでおすすめです。

しかし、やり過ぎはNGです。

2週間に1回が理想的

僕は週に1回はチートデイをやってましたが、ストレス解消が主な目的でした。単純に自分へのご褒美ですね。

なので、一ヵ月に-6.2㎏と1日1食ダイエットにしては遅いペースで痩せていきました。

ストイックにやれば1ヶ月で-10㎏は余裕でいけるダイエット法なので僕はゆっくりペースです。

チートデイを2週に1回にすれば、最速で痩せます。

ダイエットは週末の過ごし方が後に大きく影響しますからね。

平日に節制して痩せても、週末にドカ食いして元通り!なんて経験は誰でもあるかと思います。

そうならない為にも2週に1度ならより最速でダイエットに成功できるはずです。

2日は絶対に我慢する

1日1食ダイエットを2週間も継続すれば、徐々に一食に体が慣れてきます。

胃も小さくなり、食欲をコントロールしやすくなってくるはずです。

しかし、チートデイをすると今まで抑えられていた食欲という魔物が一気に襲ってきます。

翌日と翌々日の2日間は、いつもより空腹感が強くなるので我慢が必要です。

事前に、2日だけ我慢すれば良い!と分かっておけば対処できるはずです。

チートデイ後の2日間に負けてしまっては、痩せることができませんので注意するようにして下さい。

遠慮しないこと

せっかくのチートデイなので、遠慮は禁物です。

好きなものを好きなだけ食べるようにしましょう。

僕にはこんな経験があります。

その日のチートデイは焼肉が食べたかったのですが、焼肉、白米、ハイボールのスリーセットは抜群に太るだろうと、遠慮して焼き鳥とお酒を飲みに居酒屋に行きました。

すると翌日には再び、焼肉に行ってしまい2日連続のチートデイとなり大きく体重が増加してしまいました。

これは遠慮したことで起こった出来事だと思っています。

本当に食べたかった焼肉を食べなかったことで、チートした気にならなかったのです。

先程も説明した通りですが、チートデイ後には強い食欲に襲われますので、中途半端なチートデイでは満足が得られずに食欲に負けてしまう可能性大です。

思う存分食べることが翌日の食欲に負けない秘訣です。

目標達成後は週一のチートデイ

僕が1日1食ダイエットを開始した当時は、62㎏が目標達成体重でした。

そして2ヶ月後に達成してからは週一、土曜日にチートデイをするようにしています。

平日は食べ過ぎずに体重を調整し、週末の土曜日に一気に欲望を開放します。

もちろん体重は一瞬増えますが、1日1食なら2~3日で元通りです。

体重と食事の幸せとのバランスをとりながら生活しています。

ダイエットマインド/3つのルール

チートデイを実践するにあたってはマインドも重要です。

下記の3つは覚えておくようにしましょう。

ダイエット中は最高記録が基準になる

チートデイを行えばその翌日は絶対に体重が増加します。

なので、毎日の体重を基準にしていてははモチベーションが下がってしまいますので考え方を変えましょう。

今日は9月11日ですが、本日までの目標達成体重が65㎏だとして、仮に達成したとします。

僕なら今日はチートデイをします。

すると明日の体重は66.5㎏~67㎏と大きく増加しますよね。

ですが、僕はそれを基準にしていないので全く気にしていません。

重要なことは65㎏を達成したということです。

ダイエット中においては、一度達成できた体重はそこまではすぐに戻ります。

基準は最高記録を達成した時の体重ですので新しい日ではありまえん。

毎日の体重を基準にしていては、体重増加のモチベーションが保てませんし、チートデイなんてできませんよね。

チートデイの翌日の体重は一応は計りますが、全く気にしなくて大丈夫です。

2キロの幅を持つ

体重がいつも同じ数値の人なんていません。

  • 食べ過ぎ
  • 飲み過ぎ
  • 水分量
  • 運動量

などでいつも違います。

これが普通なのです。

60㎏と言っている人は、60㎏~62㎏くらいということです。

これが2キロの幅です。余裕という言い方もできますね。

僕の今のベスト体重は59㎏ですが、普段は61㎏まで変動しますのでそれくらいは許容範囲にしています。

ダイエットを始めた頃は体重ばかり気になりますが、2キロの余裕を持つことで、多少の増加が気にならなくなります。

毎日の増減で一喜一憂していてはとてもメンタルは保てません。

チートデイは体重達成後に

目標体重を達成するにあたっては、毎週、毎月の目標を細かく設定しなければなりません。

この一週間で-1㎏は必ず痩せる!といったような途中目標です。

僕はこの体重を達成するまでは絶対にチートしないと決めていました。

  • 1週目は70㎏達成後にチート
  • 2週目は68.5㎏達成後にチート
  • 3週目は66.5㎏達成後にチート

上記の小目標を達成してやっとご褒美にありつけるといったルールを決めていました。

その目標を達成できなければお預けです。

週単位で目標を設定していれば、チートデイを実践する目安になります。

1日1食ダイエットのチートデイは、ダイエットを加速させメンタルを安定させてくれるのでぜひ取り入れてみることをおすすめします。

もうかれこれ400日以上も1日1食生活ですが、今でも週に1度のチートデイを楽しみにしていますからね。