【一日一食ダイエット】停滞期の対処法/僕は回避しました【体験談】

一日一食ダイエットにも停滞期が訪れる時期があります。

先日、こんなツイートをしました。

<一日一食の停滞期の対処法>

  • チートデイ
  • 筋トレを開始
  • 何もせずに継続

チートデイは食欲が暴走するリスクは高まりますが、体重は落ちやすくなりました。ダイエット中に停滞期は必ず来るもので、順調にいっている証拠でもある。気にせずに継続するのが一番です。

一日一食の停滞期について深堀りします。

停滞期の対処法はいくつかあります

僕の体験談を踏まえてご紹介していきます。

本当に停滞期なの?

ダイエットを行えば、停滞期は誰でも経験するものなのですが実際にそれは本当に停滞期なのでしょうか?

ダイエットを開始して、一日一食を徹底すれば最初の3週間くらいは面白いように毎日体重が減っていきます。

それはむくみや腸内の関係もあるので開始当初は落ちやすいのです。

そして体が綺麗になって本格的に脂肪を落としていく段階になると、今までみたいになかなか落ちなくなることがあります。

しかし、それをすぐに停滞期と誤解してはいけません。

純粋な脂肪を落とすには、1週間~2週間かかるのは普通のことです。

2週間で-1キロでも痩せていればそれは停滞期ではなく、ダイエットの段階が上がったことで起こる必然的なものです。

1ヵ月目より2ヵ月目の方が痩せづらくなるのは当然のことなんです。

だから2週間頑張ってみて、全く減らない・むしろ増えているとなれば停滞期ですので、焦らず「様子を見る」ことが大切です。

定期的に食べて停滞期を回避

僕は2ヵ月で-11キロのダイエットに成功しました。

その間に停滞期はありませんでした。

それは、僕が定期的に食べていたからです。

僕は1週間ごとに目標体重を決めて、それが達成できた瞬間に二食食べるようにしてました。

もちろん体重は一時的に増えますが、さらに痩せることができました。

僕は週に1回食べることで体が騙されて停滞期がこなかったのだと思っています。

僕のダイエット記録

一日一食ダイエット開始から一ヵ月間の体重記録をグラフ化してみました。

見て分かる通りにグラフが上がっている箇所がいくつかありますよね。

そこは定期的に食べていたから体重が増加しています。

詳しいダイエット記録については下記の記事で書いています。

一日一食を1ヶ月続けた成果を公開!何キロ痩せた?【顔写真あり】

チートデイをする

停滞期の対処法として最も有名なチートデイ。

体が飢餓状態になっていると勘違いすることで起こる停滞期なので、爆食いして体を騙します。

この時の注意点は下記の3つ。

  • 遠慮せずに爆食いする
  • 必ず1日しかやらないこと
  • 食欲が暴走する

チートデイが終わった翌日は、いつもより数倍食欲が増します。

それを抑えきれずに失敗してしまう人も多いので、予め食欲が暴走するリスクがあることを把握しておくようにして下さい。

筋トレを始める

筋トレを始めるというのも効果的です。

ようするに体が一日一食ダイエットに慣れてくることで、体が環境に適応しているのが停滞期。

なので、いつもち違う刺激を入れてあげることで効果がある場合もあります。

  • 筋トレ
  • ジョギング
  • ストレッチ

など負担にならない程度の軽い運動を始める良い機会ですね。

僕は3分筋トレを始めて体重がすごく安定するようになりました。

何もせずに継続する

停滞期への一番の対処法は何もせずに継続です。

これが正解です。

停滞期はどんなダイエットをしていても起こるもので、体重の5%以上を一ヵ月で痩せるとなりやすいとも言われています。

ですが、一ヵ月程度で終わりますので一日一食を徹底して習慣にできれば怖いものなんてありません。

とにかく継続が最高の近道です。

停滞期のマインドが重要

とにかくマインドが重要です。

下記のことを頭に入れて停滞期を乗り越えましょう。

ダイエットが順調な証拠

停滞期は必ず来るものだと思っておいて下さい。

順調にダイエットがすすんでいるからこそ停滞期がやって来るのです。

ダイエットが順調にいってて最高」というポジティブに考えるようにしましょう。

あなたのダイエットは成功目前です。

体重が増えなければ前進している

ダイエットの基本は体重です。

ご飯を食べた翌日に体重が増えていなければ大成功、これを毎日継続すれば必ずダイエットに成功します。

体重を増やさないことが重要であって、±0の状態は大成功なんですよね。

だから停滞期って体重を増やすわけではなく、言葉通り【停滞】している状態です。

体重を増やさなければ100点という気持ちで、これまでの食生活を継続しましょう。

挫折する人がほとんど/成功は目の前です

停滞期が来ることはダイエットが順調にいっている証拠なので、何の問題もありません。

問題は、ここで【やめてしまう人が多い】ことにあります。

順調にいってるからこそ停滞期が訪れますので、あなたのダイエットは成功目前です。

そこでやめるなんて何ともったいないことでしょう。

停滞期=成功目の前

上記のマインドでいましょう。

停滞期の注意点

いくつか注意点があるので下記のことはしないようにして下さい。

標準体重でないことを確認

ダイエットは標準体重以下になると痩せなくなります。

これは一日一食でも同じことで、BMI指数21~22で止まるようになっています。

ここから以下は、免疫力が低下しやすく健康な体重ではないので体は心身ともに最適な体重で止まるようになっているのです。

体脂肪一桁を目指すというのであれば、より深く専門的になるのでダイエットではなく減量になります。

自分が標準体重かどうかチェックするようにしましょう。

下記のサイトでBMIが計算できます。

⇒BMI計算サイト

食事量は減らしてはダメ

ちょっと痩せないからといって、食事量を減らすのは圧倒的に間違いです。

そもそも一日一食なので、十分痩せる正しい食事を実践しているので減らす必要はありません。

痩せないのは、停滞期が来ているからで食事のせいではありません。

今の食事を徹底して習慣にする!これが最重要なことであなたが今やるべきことです。

過度な運動をする

運動をすることはおすすめしますが、あまりストイックにやる必要もないです。

それに初心者が急に激しい運動をするとケガにもつながります。

運動すると余計にカロリーを補おうとしてしまいますので、食欲も増してきます。

心地よいくらいの運動が初心者にはおすすめです。

ネガティブな思考になる

ダイエットを成功させる人のほとんどはポジティブなマインドの持ち主で自己肯定感が高い傾向にあります。

ネガティブなマインドでは何事も上手くはいきません。

せっかく順調にいってる証拠の停滞期が来た時に、「痩せない・停滞期なんて嫌だ」とマイナスに捉えてしまうと、思考が乱れてしまい挫折する大きな原因となってしまいます。

何も考える必要なんてなく、むしろ「上手くいってる、やったー」くらいポジティブに考えるようにしましょう。

停滞期はあなたの体を心配しすぎるあまりに守ってくれている防御機能ななので、むしろ感謝して「ありがとう」くらい言えるとなお良いですね。

1ヵ月で終わります/継続は力なり

停滞期は全く怖いものでも、敵でもありません。

ダイエットが上手くいっている人のところに訪れるものです。

そしておおよそですが、1ヵ月程度で終わるものです。大したことはありません。

ポジティブなマインドでいれば、何の心配もありません。

停滞期に焦って挫折してしまう人が多いので、最初からいずれは来るものだと思っておくことが大切です。

そして、停滞期の一番の対処法は完全無視です。

1ミリも気にすることなく、一日一食健康法を継続するだけです。