1日1食が危険なのは間違った方法だから/正しい知識を教えます

こんにちは、ダイエッターのカズヤです。

ダイエットは健康な方法で実践するのは当然のことですよね。

僕は健康診断オールAの超健康体です。

さて、1日1食は危険なの?というツイートを先日しました。

<1日1食ダイエットは危険>

僕は1日1食ダイエットで11㎏痩せました。
そして僕は超健康です。危険なダイエット方法という人もいますが、間違った1日1食なら危険です。
でも僕は正しい方法を知っているので心配ご無用。間違った方法ならどんなダイエットでも危険。勉強して始めるべきです。

 

カズヤカズヤ

僕は1日1食生活を約1年継続している男なので、1日1食ダイエットについては誰よりも詳しいです。そして解剖・生理学に精通した理学療法士でもあります。そんな僕が1日1食の危険性について深堀りしていきますね。

1日1食は危険です/それは間違った方法だからです

結論は1日1食ダイエットに限らずとも間違った方法で実践すれば、どんなダイエットも危険になります。

勉強せずに始める人

何となくイメージで始めてしまう人もいますが、これはあまりにも危険です。
ダイエット方法を選択したら書籍を購入してまずは正しい方法を知らなければいけません。

僕は1日1食ダイエットについては書籍を6冊購入して勉強しました。

そして正しい方法を知った上でダイエットを開始したのです。

ネット上は一貫性のない散りばめられた情報なので、絶対に本を読んで勉強するべきです。

何となくネット情報で始めた人の90%以上は失敗します。なぜなら正しい方法を知らないから当然です。

栄養不足になる

1日1食ダイエットを実践すれば、1食だけで栄養を補わなくてはいけなくなるので、「栄養不足になるのでは?」と心配する人もいます。

栄養面についての心配は当然なのですが、はっきり言って1食だけで栄養を全て補うなんて至難の業です。

だからこそ、サプリメントで補います。

ダイエットをする上でサプリを使わないなんてナンセンスです。

それと1日3食でも栄養を補えている人なんてほとんどいませんよ。

この世の中で健康を考えたダイエットを実践するならサプリんメントは必須です。

反動で過食してしまう

1日1食ダイエットを実践すると反動で過食してしまう恐れがあります。

というかダイエットで食事制限をするとこの反動は起こります。

  • 週1食べる日を作る
  • 空腹への対処法を知る
  • 筋トレをする

上記の3つが反動による過食の対処法です。

筋トレだけ意味分からないと思うので説明しておくと、食欲に襲われた時に僕は3分筋トレを必ず実践するようにしてました。

試してみると分かるのですが、3分筋トレをすると食欲が吹き飛びます。

そして筋トレをすることで、自己管理能力も高まるので過食しなくなるのです。

筋肉が落ちる/体験談では減らない

1日1食で筋肉が落ちると言われますが、これには賛否があります。

1日1食の書籍によっても違うのですが、僕の体験から言えば筋肉が極端に減ることはありません。

脂肪が落ちる=筋肉も落ちます。これは人間の痩せる摂理なので避けられません。

しかし、筋肉が減る割合はすごく少ないです。

  • 3分筋トレ
  • プロテイン
  • タンパク質多め

上記の3つを実践すれば筋肉を限りなく維持することができます。

1日1食を約1年も実践していますが、筋肉は付いていますし細マッチョになることができました。

僕の体験談から言えば筋肉は減らない。努力次第で増える!が結論です。

1日1食は健康です/空腹への対処が全て

 

正しい実践すれば超健康になれる。が結論ですが、合う・合わないは当然あります。

そして1日1食ダイエットは空腹にどう対処するか?が全てです。

空腹にさえ対処できれば反動の過食を抑えることができますからね。

自分に合うか見極めよう

少なからず1日1食ダイエットに興味があるならば勉強して始めてみると良いです。

どんなダイエット方法でも合う・合わないはあるので実践してみないと分かりません。

まず2週間程度継続してみて合わなかったらやめたら良い。それだけです。

おすすめの本は下記の記事で紹介しています。

1日1食の本!おすすめ厳選7選【どれか1冊だけでも読んでほしい】

サプリメントは絶対に必要

  • 5種類のサプリメント
  • プロテイン
  • 青汁

を毎日飲んでいます。

そのおかげ3食食べている人よりもずっと栄養満点です。

  • 亜鉛
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • マグネシウム

僕が飲んでいるサプリですが、人によっても違うので参考までにしておいて下さい。

サプリメントは1日1食ダイエットには必須ですし、飲んで悪いことなんてありません。

健康を保つ為にも絶対に必要だと断言します。

1日2食から始める

1日3食をお腹いっぱい食べてる人が急に1食になれば反動で過食してしまうのは当然のことです。

ダイエットは継続すれば勝ちなので、徐々に体を慣らしていくということも必要です。

だから1日2食から始めることを僕はおすすめしています。

  • 朝食抜き
  • 昼食:おかず、サラダ
  • 夕食:普通に食べる

このサイクルが初心者の方にはおすすめです。

人間の概日リズムは朝から正午にかけて、排出機能が高まる時間帯です。

だから朝食は抜いた方が健康的でダイエットにもプラスです。

朝食抜きの1日2食から始める!というのがストレス最小限で始められます。

それに無理に1日1食にしなくても、1日2食を継続すればいずれはダイエットに成功できますよ。

1日2食ダイエットの成功者を僕はたくさん知っていますので。

空腹を楽しもう

1日1食で失敗する最大のリスクは空腹に耐えられずに過食して食欲がバグってしまうことです。

これはマインド論になるのですが、空腹=辛いではなくて、空腹に対してポジティブなイメージを持つようにしましょう。

「空腹は人を健康にします」

なぜならサーチュイン遺伝子が活性化するからです。

サーチュイン遺伝子は空腹によって活性化することがすでに研究で証明されています。

アカゲザルの動物実験では、食事制限をしたグループが約1.6倍長生きし、毛並みや見た目も若々しかったのです。

この実験結果を見れば、少食・1日1食は健康で長生きするということが分かりますよね。

僕は空腹になると、

  • 若返ってるな
  • 痩せてるな
  • 健康になってるな

というポジティブな感情になり空腹を楽しんでいます。

空腹になった時に実践する3つのこと

  • 3分筋トレ
  • プロテイン
  • 瞑想

空腹を感じた時に僕は上記の3つを全て行います。

それでも食欲が収まらなかったら遠慮なく食べるというルールを設けました。

ですが、ただの1回も食欲に負けたことはないです。

たった10分程度の過程で食欲をコントロールする技術が身に付くのでめちゃくちゃおすすめです。

空腹は最後は慣れるしかありませんが、一時的に食欲を抑える方法はきちんとあるのです。

こうして自分ルールを設けることで、空腹には対処できますし過食することも少なくなるはずです。

継続すればいずれは慣れて、食欲を完全に意志で支配することができるようになります。

たまには休みを入れる

実はダイエットってそんなに根詰めなくても痩せます。

1日1食ダイエットならきちんと実践すれば普通に考えても痩せますからね。

しかし、体が慣れるまでは時間が必要なことは否めないので僕は週1回は食べてました。

ひどい時には週に2回ということもありましたね。

僕だって1日1食ダイエットを開始した当初は慣れずに過食した経験だって当然ありますよ。

でも、「太ったら明日取り戻せば良い」という精神で今日までやってきました。

僕は「1日1食を1年続けてます」なんて偉そうに言ってますが、休んで食べた日は恐らく40日以上はあります。

まがいなりにも続けたらいつの間にか習慣に変わっていますので、最初はたまには食べるということも継続する上で大切なことだと思います。

まとめ

  • 勉強をする
  • サプリメントを摂る
  • 3分筋トレをする
  • 1日2食から始める
  • 空腹にポジティブになる
  • 空腹になったら自分ルールを実践
  • たまには食べてもOK

上記を最低限抑えていれば危険なダイエット法ではありませんので安心して下さい。

正しい1日1食ダイエットは間違いなく健康ですし、優秀なダイエット方法です。