1日1食ダイエットでリバウンドしない方法/僕が実践する最強の習慣
ダシオダシオ

カズヤ君は1日1食で痩せたんだよね。それってリバウンドしないの?

カズヤカズヤ

十中八九、その疑問言われるね。リバウンドはしないよ。
その証拠に今日で1日1食生活は520日目さ。

ダシオダシオ

520日間もスリム体型保ってるって素晴らしい。

カズヤカズヤ

注意点もあるから今日は1日1食ダイエットのリバウンドのリスクについて説明するね。

  • 1日1食ダイエットでリバウンドしない方法
  • リバウンドしてしまう人の特徴
  • 僕が継続しているリバウンドしない最強の習慣

こんな疑問を解消します。

1日1食ダイエットでリバウンドしない方法

上記について解説します。

リバウンドの仕組みを知ろう

ダイエットに成功したほとんどの方がリバウンドしてしまう印象がありますよね。

リバウンドしてしまう仕組みについてまずは学びましょう。

  • ホメオスタシス(恒常性)機能
  • 痩せれば代謝は下がる

上記の2点がポイントです。

まず人の体には素晴らしい防衛反応があって、それがホメオスタシスです。

体が飢餓状態になると、省エネモードに切り替わり少ないカロリーで動けるように勝手に調整してくれます。

この機能のおかげで遭難した場合などでも1週間~2週間は水だけで生きれるのです。

ダイエットをして体重が急激に落ちると体は飢餓状態だと判断し、ホメオスタシス機能が働きます。

すると省エネモードになるので、今まで面白いように減ってきた体重が突然減らなくなります。

これが【停滞期】と呼ばれることは知っていますよね。

停滞期でほとんどの人がダイエットに挫折してしまい、食べてしまいます。

するとホメオスタシスが働いて、省エネになっているので体はここぞとばかりに脂肪を蓄えます。

これが停滞期に多いリバウンドです。

痩せれば代謝は下がる

人の体は体重が増えればそれだけ代謝が上がり、痩せれば基礎代謝は徐々に減ります。

これが人間の体の摂理です。

停滞期を抜けてダイエットに成功した後の体は、太っていた頃よりも代謝は落ちています。

目標体重に達成したことに満足して食事量をダイエットする以前に戻せば、基礎代謝が下がった状態で、大食いしていることになるので一気に体重が増加します。

「基礎代謝は下がるが食事量はデブのまま」

これがダイエット成功した後に起こるリバウンドの正体です。

一生継続する覚悟が必要

リバウンドしない為には、ダイエットを始める前から「一生継続する覚悟」が必要です。

ダイエットは食習慣の改善と言っても過言ではありません。

なので、ダイエットを始める前に「その方法は一生継続できるのか?」について自問自答しなくてはいけないのです。

やめてしまうくらいだったら、やらない方がマシです。

僕は1日1食ダイエットを開始する前に、一生継続すると誓いました。

だからリバウンドしないのです。

1日1食の本質は健康法

ダイエット法はこの世に溢れていますが、一生継続できるのは「健康法」であり、ダイエット法ではないのです。

単純に痩せるだけが目的のダイエット法であれば、継続しづらいですよね。

ですが、1日1食のように継続することで、

  • 老化を予防できる
  • 若返り効果がある
  • 長寿の秘訣

などのメリットがあればいかがでしょうか?

1日1食のダイエット効果は、最初の効果であり本質は「健康法」です。

だからこそ一生継続する価値があります。

下記の記事で1日1食の老化と若返り効果について詳しく解説しています。

1日1食で老化が止まるどころか若返る/最強のアンチエイジング

デブ習慣に戻れば太るのは必然

はっきり言いますが、ダイエットをするということは【食事制限をする】ということ間違いないです。

食事制限をしてダイエットに成功した後に、デブの頃みたいに好き放題食べていれば、誰だって太ってしまうことは分かりますよね。

稀に【運動して食事制限はやめなさい】と下らない嘘を言ってる人がいますが騙されてはいけませんよ。

食事を改善しない限りは理想の体型は手に入らないのです。

どんなダイエット法でもデブの食事量に戻ればリバウンドします。

この世に好き放題食べてリバウンドしない方法なんて存在しません。

なぜならダイエットは食事管理を徹底することだからです。

リバウンドする人の共通点【こんな人がリバウンドする】

下記に説明する3つに当てはまるのであれば今すぐ考えを改めましょう。

その考えではリバウンドまっしぐらですよ。

ダイエットを短期的だと思っている

ダイエットに終わりなんてありません。

ダイエット=食習慣の改善、なのでダイエット中に身に付いた食習慣は一生続きます。

「2ヵ月で痩せたから終わり」なんてことはないのです。

  • 好き放題食欲に任せてデブになるか
  • 食事管理を徹底して理想の肉体を保つか

2つに1つです。

人生においてどちらが幸せかなんて人それぞれですが、僕は後者を選びました。

ダイエットをやめてしまう/スポーツジムやめますか?

なぜかダイエットだけはほとんどの人がやめてしまいますが、これがそもそもの間違いです。

筋肉ムキムキになりたくてスポーツジムに通っている人が、理想の肉体になったからといって、筋トレやめたりしないですよね。

キャッチボールできるようになったから野球をやめたりしないですよね。

全く同じことがダイエットにも言えて、痩せたからといってやめてしまうという考えがそもそも間違っています。

  • ダイエットに成功
  • ボディメイク
  • 筋トレ
  • スポーツに活かす

など高みを目指して応用すれば、肉体の進化に終わりはありません。

やめてしまうのではなく高みを目指しましょう。

継続できないダイエット法を選択している

ダイエットに一番重要なことは、「継続」です。

だからこそ継続できないダイエット法を選んではいけません。

継続できないと判断したらすぐにダイエット法を変えて下さい。

僕は三食バランス良く食べて運動する」なんてことは継続できないと分かりました。

一見楽なように考えがちですが自炊と運動を両立しなくてはいけないですし、一度食べてしまうと食欲のリミッターが切れて自制できなくなってしまう傾向があったからです。

それなら1日1食の方がずっと継続できると判断して選択しました。

自分に合ったダイエット法を継続できる人はリバウンドする確率が低くなります。

絶対にリバウンドしない最強の習慣(実践してます)

僕が毎日実践しているリバウンドしない【1日1食最強の習慣を】紹介します。

1日1食は絶対的な掟/腹7分目を意識

1日1食はもはや絶対的な掟であり、習慣なのでよほどのことがない限りはそれ以上食べることはありません。

たまにハメを外す時くらいはありますが、基本的に腹7分目で抑えるようにしています。

腹7分目を意識していればそれが習慣となり、満腹になると気持ち悪くなってしまうようになります。

1日1食で腹7分目は最高の食事法だと確信しています。

参考になる記事↓

1日1食の食事内容を晒します/基本は好きな物を食べてます

短時間の運動をしよう

僕は毎日3分筋トレと週に3日~4日ほど、10分程度のジョギングを行います。

「短すぎじゃない?」と思いますよね。

そうです、僕の運動は短時間です。

運動なんて短時間で低負荷で十分で、筋トレ始めてから以前よりもずっと筋肉つきましたし、体重も安定するようになりました。

ダイエットを趣味レベルで実践

僕は日々、新しいダイエット法や健康法を取り入れて自分で実践するようにしています。

現在は、「金森式ダイエット」という断糖高脂質の食生活を知ってから、1日1食に取り入れるようにしています。

それから筋トレして増量してみたり、減量したりと人体実験して、ダイエットを趣味レベルで楽しんでいます。

ここまでいけば、リバウンドとは無縁です。

健康情報のインプットとアウトプットを繰り返す

リバウンドしてしまう一番の理由は、ダイエットや健康から思考が遠ざかることにあります。

極端な話、ダイエットや健康の本を毎日読んでればリバウンドなんてしません。

だから僕は、色々と本を読んだりして日々インプットしています。

それを、ブログやツイッターなどでアウトプットすることでマインドを常に肉体にフォーカスしているのです。

究極は美や健康に対する意識を高める

僕の目標は誰よりも若いおじいさんになることで、70歳でもバリバリ仕事していて、見た目は20歳くらい若く見られたいです。

その為には、今から美や健康意識を高めておかなくてはなりません。

ダイエットは美・健康を追求する為の第一歩だと思っています。

理想の肉体を追求する代償として食欲を少し抑える、僕はそういう人生を選択しました。