1日1食は痩せすぎるは早さの話です【BMI21でストップします 】

こんにちは。ダイエッターカズヤです。

1日1食ダイエットを一年以上継続しています。

さて、先日に下記の質問が僕に届きました。

一日一食ダイエットに興味があるのですが、痩せすぎるのではないかと心配しています。

ダイエットには一ヵ月で痩せる理想的なペースも決まっているみたいですし、綺麗になりたいのにガリガリになるのではないか?と。

一日一食で成功されているカズヤさんの見解をお聞きしたいです。

ということなので深く掘り下げてみようかと思います。

  • 1日1食は歯止めなく痩せすぎてガリガリなるのでは?
  • 一ヵ月に痩せる理想的なパーセンテージは守れないのでは?

上記の疑問について解消できる記事内容となっております。

1日1食は痩せすぎるは正解/最速で痩せます

1日1食はとてつもなく早いスピード感で痩せるのでそういった意味では、「痩せすぎる」という言い方は正解です。

1ヵ月で10キロ痩せることも可能

男性であれば一ヵ月で10キロとか余裕で痩せます。

一般的な「三食食べて痩せましょう」みたいなダイエット法では絶対にこんなには痩せません。

ただしストイックにやったらという大前提です。

一般的なダイエットでは一ヵ月で体重の5%が理想的なペースと言われています。それを基準にすると痩せすぎと言えるかもしれませんね。

ですが、早く痩せるに越したことはありません。

リバウンドしやすいとか何とか言っている人もいますが、リバウンドしない方法はきちんとありますから。

体重にもよりますが10キロくらい一ヵ月で痩せたところで悪影響なんてありません。

1日1食は最速で痩せるダイエットです。

緩くやっても5キロは痩せる

ストイックにやれば10キロはいけますが、そんなに人間の意志は強くはありませんよね。

僕だって1日1食ダイエット開始一ヵ月でやっと-6キロ程度でした。

ですが、これは相当緩くやっています。

週に1回やひどい時には3回も2食以上食べてましたから。

そんな意志が弱い僕でも余裕で痩せました。

一ヵ月に5キロと言っても、普通のダイエット法ではなかなか達成できるものではないです。

2~3キロが一般的ですからね。

最速で痩せるが正義です

例えば、ダイエット目標が-10キロとします。

  • 1年で10キロ達成する
  • 1ヵ月で10キロ達成する

圧倒的に後者が正義です。

ダラダラやる長期ダイエットよりも最速で痩せる方がメリットが多いことは言うまでもありません。

「早く理想の体型になれる」ということは、それだけ早く未来が良い方向に変わるということです。

毎日結果が目に見えて分かるので、モチベーションも保ちやすいです。

それに先々の選択肢が増えます。

僕が1日1食ダイエットを開始した当初は、標準体重になれたらそれでよかったので、その先は一切望んでいませんでした。

しかし、たった2ヵ月で目標を達成したことで「さらに理想の肉体へ」と高みを目指すようになり、一年前よりもずっと筋肉質な肉体になれたのです。

ダラダラと長期ダイエットを選んでいたら今頃やっと標準体重です。

それだけ時間がかかればさらなる高みはきっと目指していません。

1日1食ダイエットを通して、やり方次第で最速で人は変われる!ということに気づいたので理想的な細マッチョ体型を最速で目指すようになりました。

リバウンドしない方法は継続するだけ

長期ダイエットがリバウンドしづらいというのは否定しませんが、一人では失敗率も高いです。

長期ダイエットを推薦しているほとんどはパーソナルトレーナーでして、自宅で一人で実践するダイエットには向いていません。

1日1食ダイエットのように短期間で痩せるダイエットはリバウンドしやすいとよく言われますが、それは継続しないからです。

ダイエット=食習慣の改善です。

1日1食は最強の健康法であり、一生継続するべき食生活です。

ダイエットに成功したからといってやめてしまっては、リバウンドして当然です。

リバウンドしない方法はただ一つ、継続あるのみです。

1日1食は痩せすぎません【逆に太ります】

1日1食ではガリガリになることはありません。

BMI21でストップします

1日1食ダイエットでは、標準体重を達成するとピタッと体重減少が止まります。

それがBMI指数21~22程度です。

この指数が一番、免疫力が高く健康な数値だとされています。

体も慣れてきますのでこの数値よりも、痩せ続けるということはほとんどありませんので安心して大丈夫です。

標準体重以下は逆に太る

例えばBMI指数が18以下の痩せすぎ体質の人が1日1食になると逆に太ります。

これが断食の神秘的な点なのですが、不健康で免疫力が低い人が実践すると体がエネルギーを吸収しやすくなり、同じく標準体重でストップするのです。

だから1日1食や断食療法は、痩せすぎているの体質改善にも活用されています。

筋肉は減らない

脂肪が減って痩せすぎるなら多くの方は文句はないはずですが、「筋肉が減るのは困る」とよく言われたりします。

しかし、これも真っ向から否定しますが1日1食ダイエットで筋肉は減りません。

厳密に説明すると、痩せると筋肉も少しは減ります。それは人間の自然な仕組みなので仕方ありません。

ですが、脂肪が減らずに筋肉だけが極端に減るなんてことは絶対にないです。

脂肪の方が何十倍も圧倒的に減っていきますので安心して下さい。

特に太っているうちは標準体重までどんどん脂肪が削られていきます。

1日1食は他のダイエット法と比べて筋肉が減りやすいなんて大きな間違いです。

その証拠に僕は以前よりもずっと筋肉質になりました。

1日1食は満足できるまで食べて良し

1日1食のカロリーを極端に制限すれば、痩せすぎて当然ですよね。

1日1食しか食べないのですから満足できる食事を食べるようにしましょう。

所詮一食で食べられる量なんて決まっています。

痩せすぎが心配であれば、それだけ食事量を多くすれば良いだけですよね。

逆に痩せたれば少し減らして調整すれば良いだけです。

プロテインを飲む

僕は、朝食と夕食前にプロテインを飲むようにしています。

プロテインはタンパク質のことで筋肉を作る上で欠かせない栄養素です。

増量したい人は三食の他にプロテインを飲んだりします。

僕は1日3分の筋トレを行っているのでその直後に飲むようにしていますが、プロテインを飲み始めて明らかに筋肉が大きくなりました。

1日1食で痩せすぎが心配な方はプロテインで調整してみると良いですよ。

太っている人が痩せすぎる心配なんて必要ない

これからダイエットに取り組もうという人が、痩せすぎの心配なんて必要ないですよね。

太ってる人は痩せすぎるダイエット法なんて大歓迎なはずです。

標準体重にも達しないうちから、痩せすぎるやリバウンドの心配なんてしてはいけません。

それらはダイエットに成功した人だけが心配できる特権だからです。

心配しなくても1日1食で痩せすぎたりはしませんけどね。

まとめ

確かに1日1食ダイエットで痩せるペースは、最速なので一般的なダイエット法では常識外に痩せますが、それはメリットしかありません。

停滞期やリバウンドなんて回避方法はありますし、標準体重まで一直線に最速で痩せるなんて素晴らしいと思いませんか?

逆に長期でダラダラ痩せるダイエットのメリットなんて最速派の僕には全く理解できません。

なんで早く痩せないの?」と聞いてみたいくらいです。

1日1食だからといって痩せすぎることもなく標準体重で止まり、人の一番健康な状態を保ちます。

そもそもダイエットに成功する前から痩せすぎる心配は無用なので、現在1日1食を実践していて痩せすぎていると感じている人は、食事量を増やしたりプロテインで調整したら良いだけです。