1日1食で便秘になるのは最初だけ/対策はきちんとあります

こんにちは、カズヤです。

1日1食ダイエットを実践して便秘になった、お通じが悪くなったという意見がネット上でチラホラあるみたいですね。

そんな意見を見てしまうと心配になってしまうのも無理はありません。

かと思うと1日1食になって便通が凄く良くなったという真逆の意見もあります。

「どっちが本当なの?」っと疑問に思ってしまいますよね。

そこで本日は、

  • 1日1食で便秘になるって本当?
  • お通じは良くなるのか?
  • 便通が良くなる為の対策を知りたい

という悩みについてお答えしたいと思います。

カズヤカズヤ

<執筆者の紹介>

1日1食ダイエット開始2ヵ月で-11㎏のダイエットに成功。
現在も1年もの間1日1食生活を継続。
理学療法士で解剖学・生理学の知識あり。

1日1食で便秘は改善します/注意点について

基本的に1日1食生活になると便通が改善し宿便が出されます。
結果として腸内環境が整うとされています。

少食で便通改善

ファスティングを実践する理由として、腸内環境を整える!というものがあります。

それを聞いて分かる通りですが1日1食や少食になるとお通じは改善されるのが一般的です。

正しい方法で実践すれば体に溜まった宿便が改善され、ダイエットも健康にもプラスになることは間違いないです。

初期にお通じが悪くなることもある

1日1食ダイエットを開始した当初に便通が悪くなることがよくあります。
特に宿便が溜まっている人に起こりやすい傾向があるみたいです。

しかし、1日1食や少食を継続することでいずれは改善されますのでさほど心配する必要はありません。

1日1食の場合は24時間ファスティングしている状態なので、排出機能は高まります。

個人差もありますが2週間~1ヵ月で宿便が排出されて、お通じが良くなることが多いです。

お通じの改善はダイエットの必須項目

腸内に宿便が溜まっているうちはダイエットもなかなか進みません。
腸内環境が整っていないということは、代謝も落ちている状態です。

きちんと腸内をお掃除してあげることで代謝もアップしますし、溜まっていた宿便がスッキリするのでむくみの軽減にも繋がります。

ひどい人では数キロの宿便が出ることもあるので、それだけでもお腹周りがスッキリします。

梅流しで一気に腸内を掃除する

元々便通が悪い自覚がある方はダイエットを開始する前に一気に腸内を掃除してしまうのも一つの手段です。

そんな時に「梅流し」はすごーくおすすめです。

48時間の断食後に、梅と大根のを煮込んだスープを作ります。

それをゆっくりと食べつつ、汁まで飲み干します。

梅のクエン酸と大根の食物繊維が腸内を掃除してくれますので、3時間以内にドカーンと来る人がほとんどです。

ちなみに僕は梅流しを食べて15分後にトイレに駆け込みましたね。笑

それくらい効果抜群な方法です。

1日1食で便秘になった時の対処法/効果抜群です

1日1食で便秘になった初期に早く解消する為の対処法について説明していきますが、僕のダイエットアドバイザーとしての経験から効果抜群です。

朝食は食べない

1日1食を朝食に食べるとお通じが悪くなりやすいです。
便通が良くないという自覚がある方は、まずは朝食を摂らないようにしましょう。

概日リズム(サーガディアンリズム)という言葉を聞いたことはないでしょうか?

人間にはそれぞれの時間帯に体のリズムがあります。

  • 朝:排出
  • 昼:摂取
  • 夜:吸収

というサイクルで人の体は動いているのです。

朝は排出機能が最も高まる時間帯なので、そこで朝食を食べてしまっては、エネルギーは消化に使われるので排出に使うはずだったエネルギーが足りなくなってしまいます。

試しに朝食を食べないでみて下さい。

食べた時よりもずっと排出機能が高まっていることに気が付くはずです。

「出して入れる」が世の摂理。

そして朝食を食べてはいけない2つ目の理由は、モチリンというホルモンが出なくなるからです。

モチリンは腸内を活性化させ排便を促す働きがあります。

そのモチリンは朝食を食べないと分泌されるのですが、満腹状態だと出づらくなってしまいます。

以上の通り、朝の時間帯は体のエネルギーを排出に使うようになっているので、そこで固形物なんて食べては便秘の元になってしまいます。

朝食はコーヒーや紅茶程度にしておきましょう。

マグネシウムサプリを飲む

マグネシウムは日本人のほとんどの人に不足している栄養です。
そしてマグネシウムが不足するとお通じが悪くなってしまいます。

あまり知名度はないかもしれませんがとても重要な栄養です。

マグネシウムを食材から摂取するのは得策ではないので、マグネシウムサプリを飲むようにしましょう。

僕はダイエットしている全ての方にマグネシウムサプリをおすすめします。

そして僕が愛用しているサプリメントはドラッグストアで数百円で購入できる安価なものですが効果絶大です。

脂質を摂る

お通じが固い人は脂質を摂ると改善されることがあります。

脂質=太るという間違った印象がある為、ダイエット中に脂質を摂らない人も多くその結果、便秘になることもよくあることなのです。

脂質ではなく糖質が太ります。ダイエット方法によっても諸説あるのですが僕は糖質反対派の脂質賛成派です。

脂質をきちんと摂ることもお通じ改善には大切です。

オリーブオイルやMTCオイルを飲むのがおすすめです。

ちなみに僕はMTCオイルをコーヒーに混ぜて毎日飲んでいますよ。

ビタミンCサプリを飲む

ビタミンCが不足している場合でも便秘は起こります。

ビタミンCは腸の蠕動運動を活性化する働きがあるからです。

ビタミンCをあえて大量に摂取して下剤として使用する人もいるくらいです。

運動をする

運動をするとお通じが改善されやすいというのはもはや常識的なことですよね。

特に腹筋に力を入れることで腸内の運動も活性化されます。

激しい運動は一切必要なく、毎日3分程度の筋トレで十分です。

腹筋を行うことで腹部の血流が促進され、胃腸の働きが良くなります。

定期的に運動する習慣を持つことで自律神経も整います。

食物繊維も多少は食べる

よくお通じには食物繊維と言われていますが、実際にはあまり関係ないです。

むしろ優先順位はずっと下で、食物繊維を摂らないとお通じが出ないわけではありません。

しかし、僕の体験から言えばこんにゃくや糖質0麺などの食物繊維を塊を食べた翌日は、スッキリした快便になります。

きちんと対策を行った上で、食も繊維を補助的な役目で使用すると良いでしょう。

まとめ

  • 朝食は食べない
  • マグネシウムサプリを飲む
  • ビタミンCサプリ飲む
  • 脂質を多く摂る
  • 筋トレをする
  • 食物繊維も少しは食べる

以上を実践すれば便秘なんてすぐに解消されることでしょう。
実は巷でよく言われている運動と食物繊維の優先度は低く、それだけ行ってもお通じは良くなりません。

便秘に悩む多くの方は、マグネシウムが不足していることが原因です。
僕のもとにも「便秘になりました」という相談がよく寄せられますが、決まって「マグネシウムサプリを飲んで下さい」とアドバイスをします。

すると一週間くらいで「良くなりました・効きました」と喜びの連絡があります。

現代のダイエットでサプリメントを使わないなんてナンセンスでしかありません。

胃腸が弱かったり、元々便秘気味の方が1日1食になると開始初期にお通じが悪くなることがあることは事実ですが、その対策はきちんとあります。

それに1日1食生活に慣れれば、便秘は自然と解消されますので安心して下さい。