1日1食で胃が小さくなるは嘘です/食欲は減りました【経験談】

先日、友人からこんな質問がありました。

1日1食ダイエットを実践しているカズヤは、以前と比べて胃が小さくなっただろ?俺もやってみよっかなー。」みたいな他愛もない会話でした。

実際に少食になると【胃が小さくなる】とよく言われますので、聞いたことがあるはずです。

こんな疑問を持ったあなた向けの記事
  • 実際に胃が小さくなるって本当なの?
  • 1日1食で胃が小さくなるのか知りたい
  • 少量で満腹になる方法を知りたい
  • 胃を小さくする為の注意点を知りたい

こんな疑問を解消します。

執筆者紹介:カズヤ
  • 1日1食ダイエット開始2ヵ月で-11キロの減量に成功
  • 1日1食生活507日継続中
  • 現役理学療法士
  • プロダイエッター
  • 金森式ダイエット実践者

⇒詳しいプロフィールはこちら

胃が小さくなるは嘘です

結論、胃が小さくなるなんてことはありません。

胃は伸びるだけで小さくならない

満腹に食べることが習慣になっていると、お腹が出るほどパンパンに食べて胃が大きくなりますよね。

あれは、胃の内容量が多くなりすぎて引き延ばされた状態です。

そして数時間経過すれば元の胃のサイズに戻ります。

元々、空っぽの胃のサイズは同じでそれ以上に小さくなることはないのです。

ですが、これは人体構造のお話で一般的な会話で使われている【胃が小さくなる】の意味は、少量の食事で満足するようになったという意味ですよね。

それなら1日1食を実践すればお腹いっぱい食べなくても適量で満足できるようになります。

お腹いっぱいの指令は満腹中枢の指令

「食った、食ったー、お腹はち切れそう」

馬鹿みたいに食べた時って一度はありますよね。

確かにその時は、胃が引き伸ばされて一時的に大きくなったように感じますが、実は胃の内容量と満腹感は全く関係ないのです。

満腹の指令は、脳の【満腹中枢】によって指令が出されるのです。

そのメカニズムは、

  1. 食べる
  2. 血糖値が上がる
  3. 満腹中枢が刺激
  4. 脳から満腹の指令

という順番なので、胃にどれだけ食べ物が入っているかは全く関係なかったのです。

1日1食になると適量で満腹信号が出るので食べ過ぎないようになります。(実体験)

胃が大きくなるほど食べてはダメです

胃はゴムのように伸び縮みする性質があるので、食べ過ぎれば胃は引き延ばされます。

お腹が苦しくなるほど食べた経験って一度は誰でもありますよね。

ですが、あれだけ食べては健康的にも良くないですし、それでは肥満まっしぐらです。

痩せたいのであれば、胃が伸びてしまうほど食べてはいけません。

1日1食になると食欲が減ります/経験談を語る

1日1食生活、今日で508日目の僕は実体験を紹介したいと思いますので、参考までに。

食事に質を求めるようになった

1日1食生活に慣れると、食事の楽しみがすごく高まります。

何せ一日の中のメインイベントです。

そんなイベントをコンビニ弁当やカップ麺なんかで済ませたらもったいないですよね。

どうせなら納得できる美味しいものを食べたいはずです。

なので、自然に食事に質を求めるようになりました。

例えるなら、高級な焼肉屋に行くか、食べ放題に行くかの違いです。

太っていた頃は、食事に量や満腹感を求めていたので焼肉食べ放題が大好きでした。

しかし、今はちょっと少なくても美味しい焼肉を食べて満足します。

食事に質を求めるようになってからは、量は求めなくなりました。

適量で満足できるようになる

1日1食にしたい、ということは単純に痩せたい人がほとんどでしょう。

僕もそうだったように1日1食ダイエットは凄く効果的ですし結果も早く出ます。

しかし、だからといって暴食していては痩せませんので、腹8分目程度を意識していました。(食べ過ぎることもしばしば)

そうすると、自然と腹八分目の適量が心地よくなり満腹の感覚が気持ち悪くなります。

ある程度の時間は必要ですが、食事量を意識するだけで適量で満足できるようになりますよ。

空腹に耐える力が身に付いた

空腹に耐えられず、食欲がコントロールできずにドカ食いしてしまうのです。

しかしこれって、食べれば食べるほどお腹が空くって知っていましたか?

太っていることでさらに強い食欲を呼び寄せてしまうのです。

これを解決するには、習慣の改善しかないです。

1日1食ダイエットを開始して1週間程度は、【こんなにも空腹が辛いものかと】思いましたが、1ヵ月が終わる頃にはすっかり慣れました。

お腹が減ったから何?】って感覚です。

むしろ、多少お腹が減っているくらいが自分のベストパフォーマンスが出せるので夕飯までは空腹の方が仕事も捗ります。

もはや1日3食で24時間ずっと胃の中に食事が入ってるなんて考えただけでも無理です。

空腹に対する耐性は、1日1食ですぐにつきます。

下記の記事では、1日1食ダイエットで成功した僕の体験談を紹介しています。

一日一食を2ヶ月続けたら11.2㎏も痩せた!証拠写真あり

 

少食で満腹になる正しい食事をしよう

痩せる食事量で満足できるようになる食べ方とコツを紹介しておきます。

腹7分目~8分目を意識

カロリー計算と食材のグラム数を測れば一番なのですが、そんなこと面倒でやりたくないですよね。僕もそうでしたので安心して下さい。

だから、腹7分目を毎食意識するようにしていました。

腹8分目とよく言われますが、8分目だと食べ過ぎた時に10割いってしまうので保険をかけて僕は7割をおすすめしています。

そうすれば、多少リミッター外れても8割~9割くらいで抑えられるからです。

野菜から食べる

毎食サラダを用意するのも食欲を抑える手段としては良いです。

一番最初にサラダから食べることで食欲をある程度満たして、食事をすると高カロリーなものを食べ過ぎずに済みます。

僕は、ボール一杯のキャベツの千切りを毎食食べていたこともありました。

水分を積極的に摂る

食事前に500mlの水を飲んでみて下さい。

炭酸水ならもっとお腹に溜まるのでGoodです。

水分で胃を満たしてから食べるという方法でもかなり食欲を抑えることができます。

30回は噛んで食べる

「最低30回は噛んで食べましょう」と子供の頃言われてましたよね。

あれは、最高のダイエット法で咀嚼をたくさんすると満腹中枢が刺激され少量で満足できる指令が脳から発せられます。

よく噛むことで、ゆっくり食べることにもなりますからダイエットにも効果的です。

「よく噛むだけで痩せるのかよ」っと思いましたね?

騙されたと思って一度試してみて下さい。

食事を減らさずによく噛んで、一週間体重を計測してみましょう。

驚くこと間違いないと僕は確信しています。

ヘルシー定食を食べよう

1日1食ダイエットを実践するならどんな食事を食べたら良いの?という疑問も出てきますよね。

一食だからといって何でも食べて良いわけではありません。

痩せたいのであれば、

  • ラーメン
  • 牛丼
  • カレーライス

などは控えておいた方が無難です。

僕だったら絶対に食べません。

適量で満足できる食事は、【定食】がおすすめです。

揚げ物系は、控えてヘルシー定食を意識すれば結構な食事量になります。

定食一人前を食べて満足できるようになれば、1日1食なら自然と痩せるはずです。

やってはいけないコンビニ飯

絶対にやってはいけないルールは、コンビニ弁当やカップ麺で済ませることです。

これはカロリーが高いとか低いとかそんな話ではなく、マインドの問題です。

食事を自炊する手間を飛ばして、食欲に身を任せて食べる。という行為そものがデブの思考です。

なぜコンビニやカップ麺で済ませるのですか?早く食べたいからですよね。それは意志でなく食欲に操られている証拠です。

せっかくの1日1食の大切なご飯ですから、感謝できるような美味しいものを自炊して食べるようにして下さい。

胃は小さくなるは嘘/適量で満足できるは本当

結論としては、1日1食であれ何であれ胃のサイズが元より小さくなるということはありません。

しかし、一般的に食欲が減ったという意味で使用される【胃が小さくなった】は本当です。

それは、1日1食の食事を大切に丁寧に食べることによって食欲が改善されて、満腹中枢が適量で満足する指令を出すようになるからです。

胃を小さくしたい=食欲を減らしたい

という意味では効果はありますので、1日1食ダイエットを実践してみても良いかもしれませんね。