1日1食だと不健康になるのでは?逆に健康になりました【体験談】

一般的に一日三食が普通の世の中で、1日1食生活を実践している僕は編実扱いされることがよくあります。

そんな人達から「1日1食って絶対に不健康だよ」とよく言われることもありますが、完全に無視するようにしています。

なぜなら僕は日本の中でもトップクラスに1日1食に詳しいからです。

  • 1日1食で不健康にならないのか知りたい
  • 本当に健康だと言い切れる根拠を知りたい
  • 不健康から脱出した体験談を知りたい

上記の疑問を解消することができます。

1日1食だと不健康になるのでは?

まずは健康の定義について確認しましょう。

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。

(日本WHO協会訳)」

引用:日本WHO協会

上記の健康の定義に基づいて解説していきます。

肉体的に得られるメリット

そもそも1日1食だと痩せるのでそれだけで、太っているよりもずっと健康になりますよね。

1日1食生活になると体は、毎日24時間のファスティングを行っていることになるので、体の掃除が常にされている状態です。

体に溜まっている老廃物が排出され、デトックス効果が得られます。

近年では乱れた食生活が原因になる生活習慣病が流行っていますが、1日1食だとそのような病気とは無縁です。

考えてみれば、一日三食の生活で糖尿病などの病気になっているのですから三食の方が不健康だと言えます。

さらには、オートファジーによる若返り効果・サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)による老化予防効果などもあり、1日1食だといつまでも若々しい肉体を保つことができるのです。

精神的に得られるメリット

断食療法は精神面にもプラスな働きが得られるとされています。

西洋医学では黙認されている断食療法ですが、海外では約60年前から精神疾患に関しても断食療法が研究された記録があるのです。そして70%の精神症状が改善したとのことです。

うつ病にも絶食療法という心理療法があるほどです。

少食は、精神的なメリットを得ることができる食事法なのです。

社会的に得られるメリット

僕もそうだったように、1日1食に興味がある方の多くは「痩せたい」人がほとんどでしょう。

そして正しい1日1食健康法を実践すると間違いなく痩せます。

太っていることで、

  • 引きこもりがち
  • 異性と交流できない
  • 自分に自信が持てない
  • 会社でも肩身が狭い

などの社会的な悪影響があることも多いはずです。

この世の中は、太っている=自己管理ができない!と評価されます。
そして美意識に欠ける不潔な奴だ!というレッテルがはられるのです。

痩せてスリムになるだけで社会的なメリットもたくさんありますよ。

そして1日1食だと食費が浮くのでお金が毎月約2~3万程度増えますので、それを趣味や勉強などに使えます。

お金が増えるって大きなメリットですよね。

不健康だった引きこもり男の体験談

  • 血圧高めのデブ
  • 6年間の引きこもり
  • ニート・無職
  • 彼女なし
  • 自信なし

上記が約2年前の僕です。

簡潔にまとめました。

血圧高めのデブ

僕の体重は当時75キロもありました。

運動なしで毎日コンビニ弁当を食べては、ストロングチューハイ飲みまくってまして、血圧も高い。

圧倒的に不健康なことは自分でもよく分かってました。

1日1食ダイエットを開始して、62キロまで体重が減りそれと同時に血圧も正常になりました。

今では、禁煙・禁酒をして肉体的にも健康になることができました。

彼女なし・自信なしの引きこもり

6年間もニートの引きこもりだったので、スーパーネガティブ野郎でしたね。人生はもう終わったと思っていたほどでした。

もちろん彼女なんて10年いません。

不思議と痩せてスリムになると、「外に出たい・人に会いたい」という気持ちが出てきたのです。

それから毎日が晴れたような気持ちで、前向きになりました。

7年振りの仕事も開始して、自分に自信が持てるようになった時に10年ぶりの彼女が僕にもできました。

今は、目標に向かって毎日走っています。

今の僕は健康です

WHOの定義から言えば今の僕は、心身とも健康であるだけでなく社会的にも満たされている状態なので、【健康】です。

贅沢を言えば、社会的には現状で満足しているわけではなく「年収1億円の社長になる」という大きな目標があります。

でもそれは、健康あっての夢ですからね。

1日1食になって最高に健康になったと自信を持って言えます。

正しく実践しよう/一歩間違えば不健康になる

正しく実践しないと逆に不健康になってしまいます。

何事も正しい方法でやらなければ逆効果です。

青汁やサプリは必須アイテム

青汁・サプリを愛用して栄養満点な体を保つようにしましょう。

これだけを聞くと、「1日1食だから栄養が足りない」なんて思ってしまいますが、そうではありません。

三食でも一食でも、食事だけで全ての栄養を補うのは無理がありますし、それをすると食費が倍増してしまいます。

現代人は、三食の人も栄養足りていないのでサプリ飲むことをおすすめしますよ。

1日1食で栄養が足りないとなればそれはそれは、不健康まっしぐらです。
体に不調をきたすことも間違いないでしょう。

そうならない為にも、ビタミンとミネラルは青汁とサプリからしっかり補給するようにして下さい。

僕も毎日、飲んでいますよ。

糖質を摂りすぎない

1日1食だと24時間固形物を食べないので、血糖値が上がりやすい状態です。

1日1食で糖質を食べ過ぎると血糖値が急激に高まる可能性があるのでそこだけは注意です。

糖質をできるだけ控えて、タンパク質を中心に食べるようにしましょう。

血糖値を上げない食べ方としては、食事の最初はサラダから食べることです。

食物繊維の働きで血糖値の急上昇を抑えてくれます。

ちなみに僕は糖質は毒だと考えてますので、一切摂りません。

まずは痩せなさい

こんなあるあるの笑い話があります。

「1日1食なんて不健康すぎるよ」と言っている張本人が、体重100キロで糖尿病のデブ。「お前の100倍健康だよ」と言ってやりました。笑

第一の目標としてはやはり痩せることを先決にしましょう。

1日1食ダイエットなら最速で成果を得ることができますのでモチベーションも保ちやすいです。

さらに続けることで、若返りと健康まで手に入るとなれば一生の健康法ですよね。

とにもかくにも太っている時点で不健康なので、まずは痩せて下さい。

軽い運動を始める

運動が始められるとなお良いですね。

しないよりもした方が絶対に良いことは間違いないです。

しかし、健康の為には激しい運動ではなく心地よい程度の運動で十分です。

ウェイトトレーニングなどの負荷の強い運動は、筋肉をつけるのには最適ですが「若返り」という観点から言えばNGです。

いつまでも若々しく健康でいたいのであれば、

  • 自重トレーニング
  • ジョギング
  • ウォーキング
  • ストレッチ

などの軽い運動がおすすめです。

Youtubeを見ながら自宅で行える有酸素運動なんかもおすすめですよ。

1日1食は不健康ではなく健康だった

これだけは自信を持って言えることは、3食よりも1日1食の方が健康です。

3食は食べ過ぎで逆に不健康なのでぜめて2食にしましょう。

少食になると体の汚れもデトックスされますし、若返り・老化抑制効果もあります。

1日1食の僕は最高に健康になれたので、今不健康な人はぜひ少食健康法を実践してみて下さい!(^^)!