16時間断食でリバウンドする4つの原因!これさえ守れば回避できる

おはようございます、カズヤです。

16時間断食はオートファジーを活性化させて若返るダイエット法として注目されています。

しかし、一方で「リバウンドするダイエット法」という声が少数ながらあるのも事実です。

そこで、今回は16時間断食でリバウンドしてしまう4つの原因とリバウンドしない為のルールについて解説していきます。

16時間断食でリバウンドする4つの原因

リバウンドしてしまう理由は明白です。

16時間断食をやめてしまうから

リバウンドしてしまう一番の理由は、16時間断食をやめてしまうからです。

どんなダイエット法でも、その食事法をやめて太っていた頃に戻してしまえばリバウンドは避けられません。

16時間断食でせっかくダイエットに成功したのであればこれからもずっと続ける必要があります。

そもそも、一時的で「痩せたらやめる」ようなダイエット法なら最初からやらない方がマシです。

食事管理を怠る

いかに優れたダイエット法であっても食事を好き放題食べて良いなんてことはありません。

16時間断食がダイエットに向いている食事法だとしても、食べすぎれば太ります。

単に16時間だけの空腹を守って、満腹までドカ食いしてしまえばリバウンドして当然です。

なので、16時間断食の1日2食をしっかり管理するか、腹八部目を常に意識するようにしましょう。

3ヶ月以内にダイエットに成功した人

16時間断食を実践して1ヶ月や2ヶ月でダイエットに成功した!という方も多くいます。

最速で痩せることは素晴らしいことなのですが、一つ落とし穴があるのです。

それは、完全に16時間断食が習慣化しきっていないということです。

人の習慣は90日かかると言われているので、1ヶ月やそこらでは身についたようで、まだ習慣にはなっていません。

だから、ダイエットに成功したことで気が緩んでしまい、元の太った生活に戻ってしまうことがよくあります。

逆に言えば、90日継続すれば習慣化するのでそこまでは何とか頑張って継続するようにしましょう。

運動を全くしていない

16時間断食に運動は必須ではありませんが、運動を全くしていないとなると、リバウンドのリスクも高くなります。

運動を習慣化すると体重も維持しやすいです。

そして運動の習慣がある人は太ったりもしませんからね。

おすすめの運動はもちろん筋トレです。筋肉がつくとそれだけ代謝がアップするのて痩せやすく太りづらい体になれます。

リバウンドを回避する為には?

16時間断食でリバウンドしない為には下記のことを抑えておきましょう。

一生続けること

どんなダイエットでも一生続けないことには理想の体型を維持することはできません。

ダイエットとは一時的に痩せることではなく、太る間違った食事を改善することが目的です。

なので、基本的に「やめる」ということはあり得ないのです。

16時間断食を一生続ける覚悟がないのであれば最初からやらない方がマシです。

リバウンドしない方法は、16時間断食を一生継続することです。

凄く簡単ですよね。

食事のカロリーは一定を保つ

痩せたからといってもカロリーは一定を保ち続けるようにして下さい。

自分の体の代謝に合わせて、カロリー計算を行うのが理想的です。

面倒な人は、腹八分目を意識すれば大丈夫です。

腹八分目で食べていれば、そうそうリバウンドなんてしません。

90日継続してから安心する

16時間断食は即効性のあるダイエット法であるので、最速でダイエットに成功される方も多いです。しかし、ここで安心してはいけません。

あなたはまだ、16時間断食を完全に極めていません。

安心できるのは90日継続した方のみです。
一度90日以上継続したことは、高い確率で習慣化します。

16時間断食を3ヶ月継続したのであれば、一生の習慣となっているはずです。

筋トレを始めよう

食事管理だけで体重を維持することはできますが、変動が大きく大変です。

筋トレをすると体重が安定しやすく、体型を維持しやすくなります。

筋トレがリバウンドしない体作りに最適なことは知っているはずなので、継続できるように少しづつ始めるようにしましょう。

最初から無理は続きません!

ちなみに僕は3分筋トレから始めて今では週に4回の30分以上のトレーニングを行えるまでになりました。

千里の道も一歩から!です。

さらに高みを目指して頑張る

肥満から標準体重になったからといって、それで最終ゴールではありませんよね。

美容やボディメイクに終わりはなく目指そうと思えば、どれだけでも高みを目指すことができます。

僕はダイエットに成功して少しづつ、筋トレを始めて腹筋が割れるまでになりました。

そして次の目標は、ボディメイクのコンテストで優勝することです。

これが可能か不可能かではなく、高みを目指して体型に対して日々追求しています。

さらなる高みを目指せばリバウンドなんて絶対にしません。

リバウンドしない人の共通点

体型を維持している人には共通点があります。

量より質の食事

太っている人ほど、食事に量を求める傾向が強くあります。

痩せている人は量よりも質を高い食事をしています。

食べ放題の焼肉店などが良い例でしょう。

痩せている人は、食べ放題よりも高級店で美味しいお肉を少し食べて満足します。

決して満腹になることだけを求めていないのです。

食事を量ではなく美味しさ(質)で満足する習慣を持っています。

ダイエットを趣味レベルで行っている

実は同じ体重をずっと維持し続けてる人ってほとんどいません。

体重は3キロ程度は変動するものです。

例えばですが、60キロが自分のベストの体重だとします。しかし、時期によっては63キロあったりすることが普通です。

しかしリバウンドしない人は、その3キロをあっという間に戻してしまいます。

イベントがある時には、自分のベスト体重でのぞめるように仕上げてくるわけです。

こうして趣味レベルで増えた分のダイエットをしていることがほとんどです。

痩せてる体型を維持し続けている人は皆やってます。

運動の習慣がある

運動は長い目で考えると素晴らしいほどの効果をもたらしてくれます。

例えばですが、ウォーキングを30分行う習慣があれば1日あたり約100キロカロリー消費することができます。

1年間で36000キロカロリー消費するわけで、1㎏の脂肪が約7000キロカロリーですからウォーキングだけでも年間で約5キロも痩せることができるのです。

知り合いに運動が趣味という方を見ると間違いなく太ってはいないはずです。

まずは軽い運動から習慣化すると数年後にはとてつもない恩恵が得られるはずです。

綺麗にゆっくり食事を食べる

太ってる人は早食いで、汚い食事をします。逆に痩せている人はゆっくり綺麗に食事をしているはずです。

痩せている人の食事は、決まってゆっくりです。

食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまでに約20分かかると言われています。

なので20分かけてゆっくり食べることで満腹中枢が刺激されて少量でも満足できるというわけです。

痩せたいならゆっくり綺麗に20分以上かけた食事を心がけるようにしましょう。

まとめ

16時間断食でリバウンドしてしまう原因は、

  • 16時間断食をやめる
  • 食事管理を怠る
  • 3ヵ月以上続けていない
  • 運動をしていない

ということが主な原因として挙げられます。

16時間断食はオートファジーを活性化させる健康法なので一生続けて得しかしない食習慣です。

一生続ければリバウンドなんてしませんよね。

体重を維持し続けてる人の共通点をマネすれば、リバウンドとは無縁になれますので、ぜひ実践してみて下さい。